戻る


久保建英のバルサ復帰報道に海外メディア注目 「彼を見守ることをやめなかった」

MF久保建英【写真:Football ZONE web】

写真拡大

18歳となる今夏のバルサ復帰を海外メディアも続々報道 まずはバルサBに加入か

 FC東京のU-21日本代表MF久保建英が来夏にバルセロナへ復帰する見込みだと報じられており、海外メディアからも多くの注目を集めている。

 久保は10歳でバルセロナの下部組織に入団。しかし、2014年にバルセロナがFIFAから18歳未満の選手移籍に関する規定違反による罰則を受け、試合に出場できなくなったため、翌年にFC東京の下部組織へと移籍した。17年には16歳でトップデビュー、昨夏から横浜F・マリノスへの期限付き移籍を経て、今季FC東京に復帰していた。

 6月4日に18歳の誕生日を迎えるため、国際移籍が可能となる。そして、海外メディアは久保のバルセロナ復帰をこぞって報じている。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」はマンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンからも関心を寄せられていたなかで古巣への復帰を本人が決断したとし、来季のバルサB加入が成立する見通しだと伝えている。

 フランスメディア「フット・メルカート」も、「“日本のメッシ”の目的はバルセロナへの帰還を見据えながら日本で成長を続けることだった」と報じている。また、トルコメディア「SPOR ARENA」は「世界各地に派遣しているスカウトを通じて将来のポテンシャルを特定するバルセロナは、日本で才能を発見していた」と久保について触れると、「久保は日本に帰らなければならなかったが、バルサは彼を見守ることをやめなかった」と綴り、退団後も継続して注視していたことを指摘していた。

 Jリーグで新シーズンを迎える久保だが、去就を巡る動向が大きな注目を集めることになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網