戻る


錦織、75分の快勝劇に海外続々賛辞 「キャリアのベストのスタートを伸ばす」

世界ランク7位の錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

ガルビスにストレート勝利、海外メディアもレポート

 男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメントは14日(日本時間15日)の2回戦で、第1シードで世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は世界ランク84位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を6-1、6-4のストレートで下し、準々決勝進出を決めた。わずか1時間15分での快勝劇に、海外メディアは拍手を送っている。

 第2セットのマッチポイント。最後はラリーの末、相手のリターンがアウトになり、錦織の8強進出が決定。力強くガッツポーズし、相手と健闘を称え合う。そして、スタンドのファンに応えるように両手を掲げた。充実感たっぷりの勝利だった。

 海外メディアも大会の主役の完勝をレポート。米大手スポーツ専門局「ESPN」は「ケイ・ニシコリ、ジョーウィルフリード・ツォンガが揃ってロッテルダムの準々決勝へ」と題して伝えている。

「世界ランク7位の第1シードであるニシコリは、ATPのシーズンでキャリアのベストのスタートを切り、ガルビス相手に1時間15分の勝利で締めくくった。

 日本のスターはここまで10勝1敗でシーズンを過ごしており、1か月前の全豪オープン準々決勝でノバク・ジョコビッチに唯一の敗北を喫した」

今シーズンの10勝目に到達

 こう伝え、錦織が2019年シーズンに10勝に到達したことを紹介している。

 ATP公式サイトも「ニシコリのキャリアで一番のスタートは続く」と題して今季の好調ぶりにフォーカス。「ニシコリはキャリアのベストスタートを木曜日にさらに伸ばし、ラトビアのエルネスツ・ガルビスを6-1、6-4で下し、ロッテルダムでのABNアムロ世界テニス・トーナメントで準々決勝へ進出した」と伝えている。

 準々決勝の相手は世界ランク38位のマートン・フクソービッチ(ハンガリー)。初対戦の相手にも貫録を見せつけたいところだ。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網