戻る


2018年秋冬のQRコード決済キャンペーン、認知度トップはPayPayの6割強


 
2018年秋〜冬にかけて相次いで行われたQRコード決済のキャンペーンについての調査結果をMMD研究所が公開しました。最も知られていたのは「PayPay」の62.6%でした。キャンペーン利用率が最も高かったのは「Origami Pay」でした。

20代〜60代の男女2,001人に調査、8割強はスマホ利用者

MMD研究所は1月22日、「2019年1月 QRコード決済サービスのキャンペーンに関する調査」の結果を公開しました。
 
調査は20歳〜69歳の男女を対象に2018年12月26日〜2019年1月2日の期間、インターネットで実施され、2,001人から有効回答を得ています。
 
回答者がメインで使用しているモバイル端末は、82.4%がスマートフォン、14.2%がフィーチャーフォン(ガラケー)でした。
 

 

普段の決済方法、「モバイル決済」は13.4%

普段の支払い方法(複数回答可)の上位は、「現金」80.8%、「クレジットカード(タッチしないもの)」54.7%、「カードタイプの電子マネー」34.8%でした。
 
モバイル決済は、「タッチ式」「QRコード式」を合算すると13.4%でした。
 

 

PayPayのキャンペーン、認知度は6割強

2018年秋から冬にかけて相次いで行われた、QRコード決済サービスのキャンペーンの認知度は、PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が62.6%でトップでした。
 
以下、LINE Payの「LINE Payでわりかん」45.3%、楽天ペイの「スタートボーナスチャンス 楽天ペイアプリを初めて使って1,000ポイント」27.6%、d払い「dポイント 魔法のスーパーチャンス!」25.2%、Origami Pay「オリガミで、半額。」19.1%と続きました。
 

 

PayPayとLINE Payは「テレビ」、楽天ペイ、d払い、Origami Payは「Web」で知る

QRコード決済のキャンペーンの認知経路は、各サービスとも「テレビCMやニュース」の割合が最も高くなっています。
 
特に、認知度上位のPayPayとLINE Payは「テレビCMやニュース」の割合が6割前後と高いのが目立ちます。
 
一方で、認知度3位〜5位の楽天ペイ、d払い、Origami Payは「Webニュースやニュースアプリ」と「Web広告」がともに2割前後となっています。
 

 
なお、PayPayのキャンペーンについては、100億円の資金を10日間で使い切ったことや、クレジットカードの不正使用問題もニュースになりました。

実際に利用した割合トップはOrigami Pay

それぞれのキャンペーンを知っている人に、実際に利用したかを尋ねたところ、利用率が最も高かったのはOrigami Payの18.8%でした。
 
2位以下は楽天ペイ(17.5%)、PayPay(17.3%)、d払い(15.2%)、LINE Pay(8.4%)と続いています。
 

 
 
Source:MMD研究所
(hato)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網