戻る


アジア杯で南野に55万円、北朝鮮には合計143万円の罰金…AFC発表

オマーン戦で55万円の罰金処分が決まったFW南野拓実

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は20日、規律委員会で決まったアジアカップ2019のグループリーグ3試合における処分を公表している。日本代表では13日のオマーン戦でイエローカードを受けたFW南野拓実に対して、5000USドル(約55万円)の罰金が科せられている。

 最も多くの処分を受けたのは北朝鮮代表で、初戦のサウジアラビア戦で退場したFWハン・グァンソン、そして第2戦のカタール戦で退場したFWチョン・イルグァンに同じく5000USドル(約55万円)。

 さらにカタール戦では5枚以上のイエローカードを受けたことで、朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会に3000USドル(約33万円)の罰金処分を下した。グループEを3戦全敗で敗れた北朝鮮だが、合計143万円の罰金が下るなど、踏んだり蹴ったりな結果に終わっている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網