戻る


「本当はW杯後に移籍したかった…」アザールが噂されるマドリー移籍への“本音”を告白!

チェルシーで多くの成功を収めてきたアザールが、マドリー移籍への想いを口にした。 (C) Getty Images

写真拡大

 チームでアンタッチャブルな存在と考えられているからこそ、責任感も人一倍だ。

 現地1月21日、チェルシーに所属するベルギー代表MFのエデン・アザールが、フランス誌『France Football』のインタビューに応じ、そこで監督たちへの想いや注目を集めている自身の去就について告白した。

 現在28歳のアザールは、2012年にリールからチェルシーに加入して以来、公式戦通算328試合に出場して101ゴールを挙げてきた。また、2013-14シーズンからはブルーズの10番としてもプレーし、名実ともにクラブの象徴とも言える存在となった。

 今シーズンも開幕から好調を維持しているアザールは、プレミアリーグでは第23節終了時点で10ゴール・10アシストを記録。現在4位につけ、熾烈なチャンピオンズ・リーグ出場権争いを繰り広げているチームを力強く牽引している。

 しかしながら、アザール本人は、チェルシーで得てきた“結果”に納得できていないようだ。同誌のインタビューで、「僕は全ての監督を失望させてしまっている」と心境を告白した。

「僕はコンテだけにムカつかれたわけじゃない。キャリアの中で出会った全ての監督を失望させてきた。今だって、サッリにムカつかれたことがある。モウリーニョだってそうだ。彼ら全員、僕に対して『腹立たしい』と思っている。ゴールを含めて、もっと多くのことをやってくれって。だから、きっと次に出会う監督もガッカリさせてしまうだろうね」

 アザールは、チェルシーに来てから6年で、ロベルト・ディ・マッテオ、ラファエル・ベニテス、ジョゼ・モウリーニョ、スティーブ・ホランド、フース・ヒディンク、アントニオ・コンテ、そして今シーズンからのマウリツィオ・サッリと、多くの指導者の薫陶を受けてきたが、いずれも満足させられなかったと感じているようだ。

 また、このインタビュー内でアザールは、昨夏から噂され続けているレアル・マドリーへの移籍についても言及している。

 昨夏に行なわれたロシア・ワールドカップ後に“銀河系軍団”の仲間入りを果たすかに思われたが、アザールは結局、チェルシーに残留。しかし、それ以降も、28歳のベルギー代表MFは、「僕はいつだってマドリーが大好きだ」と公言してはばからない。

 今シーズン終了後に1億ユーロ(約130億円)で憧れのマドリー入団をかなえるのではないか、とも言われているアザール。『France Football』の取材で過熱する移籍報道について問われると、その“本音”を漏らした。

「なぜ、そんなことを聞くんだい? それに関しては君たちの方が詳しいでしょ?(笑)。僕はイングランドでコミュニティーシールド以外の全てを勝ち取った。でも、それがこの場所から離れる理由にはならない。ここで他のことを探求したいといつだって思っているからね。

 正直に言えば、ワールドカップの後に移籍したかった。でも、結局はチェルシーに残り、過去最高と言っても良いぐらいのシーズンを過ごしている。だから、今は違うチャレンジの必要性なんて考えていない。でも、それが僕にとってベターな選択だったとも思っていない」

 今シーズン終了後、アザールは憧れのマドリーのユニホームに袖を通しているのか、それとも、チェルシーの10番を背負い続ける決意を固めるのか。その決断は、大いに注目を集めそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網