戻る


JALのCA飲酒問題 不本意な形での“宣伝効果”も

シャンパン提供が裏目に?(つのだよしお/AFLO)

写真拡大

 パイロットに続いて女性客室乗務員(CA)にも飲酒が発覚し、日本航空(JAL)が揺れている。11日には、国土交通省航空局から業務改善勧告を受けた。

 飲酒問題を起こしたのは12月17日の成田→ホノルル便に乗務していた46歳のCA。ギャレーと呼ばれる機内のキッチンで、プレミアムエコノミークラス用のシャンパンの小瓶(約170ml)を空け、プラスチック製のコップに半分ほど注いで飲んだとされる。複数の同僚CAが、アルコール臭や様子のおかしさを感じ、機内でアルコール検査を実施したことで判明した。

 空の安全を預かる立場として許されない行為だが、航空関係者の間で話題になったのは、このCAが飲んでいたのが「シャンパン」だったことだ。30代の女性CAがいう。

「シャンパンは、スパークリングワインの中でもフランス・シャンパーニュ地方で作られ、厳しい製法の条件を満たしたものしか名乗れません。だから総じて価格も高い。航空会社によってはプレミアムエコノミーにはシャンパンを置かず、スパークリングワインで済ませているところも多い。

 ところが今回の一件で、JALではプレミアムエコノミーでもシャンパンを飲めることが広まった」

 このCAは、社内の聞き取り調査で一昨年の11月にも乗務中に飲酒していたことが判明。調査報告書によれば、この時飲んでいたのもやはりシャンパンだったとされる。航空評論家の青木謙知氏がいう。

「今、航空各社はエコノミーよりワンランク上の『プレミアムエコノミー』クラスに力を入れている。座席の快適さはもちろん、そこで提供されるドリンクのクオリティも顧客にとってエアライン選択の重要な基準です。今回の件は、不本意な形での“宣伝”になってしまったかもしれません」

 JALは「当該CAには厳正な処分を行ない、社内教育を徹底して再発防止に務める」と説明する。ドリンクメニューからシャンパンが消えるわけではないようなので、利用者はちょっと安心?

※週刊ポスト2019年2月1日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網