戻る


韓国、レーダー検証改めて要請 日本側の「打ち切り」表明に

火器管制レーダー照射問題で、先月28日に防衛省が公開した映像=2018年12月20日、石川県・能登半島沖(防衛省提供)

 【ソウル共同】韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題を巡り、韓国国防省報道官は22日の定例記者会見で「日本が正確な証拠を提示し、専門家を交えた科学的で客観的な検証に応じることを求める立場に変わりはない」と、検証作業が必要との認識を改めて示した。

 日本側は21日、韓国側とこれ以上実務協議を行っても「真相究明に至らない」として打ち切りを表明。韓国側は21日にも同様の立場を明らかにした。

 国防省高官は22日、北朝鮮の核・ミサイル情報などの機密情報共有を可能にする日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の延長は「別に検討する」とした。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網