戻る


航空券高騰、病院混乱… 史上初「10連休」の落とし穴

歴史の節目に海外脱出はもったいない?(※写真はイメージ)

写真拡大

 正月休みも終わり、黄金週間まで長い休みはナシ。鬱々たる気持ちを抱える人も多いだろうが、次のGWは史上初の10連休! 俄かに心躍るが、手放しには喜べない“落とし穴”がある。

 簡単にカレンダーをおさらいしておくと、4月27日(土)から始まる大型連休は、5月1日(水)「即位の日」を経て、5月6日(月)の振り替え休日まで10日間。日曜日を2回も跨ぐ格好だ。

 となれば、普段はできないバカンスを楽しみたくもなるが、さる格安航空券の検索サイトを覗くと、羽田とハワイ・ホノルルの往復航空券が43万7510円……。余裕をもって連休2日目の4月28日出発、最終日前日の5月5日帰国と、誰もが羨む好条件で探してはいるものの、エコノミークラスでこの値段なのだ。

歴史の節目に海外脱出はもったいない?(※写真はイメージ)

 ちなみに、同じ8日間の旅程なら、連休が終わって約1週間後、5月12日出発にすれば9万9712円。実に4倍強もの価格差が生じてしまっている。

「お仕事柄、休日をずらして取得できるのなら、GWを避けた方がお得にゆっくり旅行できるでしょう」

 とは、経済ジャーナリストの荻原博子氏である。

「10連休は普段できない旅行をするのに適していますが、需要が高いので航空券も高騰しています。せっかく改元という節目を迎えるのですから、家族揃って自宅でのんびりするのも悪くない。年末年始の休みでは慌ただしくて手をつけられなかった家の掃除や、思い切って断捨離をした方が有意義かもしれませんよ」

新元号最初の子ども

 いざ安穏と家で過ごしていても、不意に我が身を病が襲うかもしれない。そんな時、最寄りの病院がすべて閉まっていたら、休日も対応する医療機関に患者が殺到し不都合が生じないか。

 国立病院機構熊本医療センター・救急科医長の櫻井聖大(としひろ)氏に訊くと、

「もともと救命救急は365日24時間体制なので、10連休も普段通り変わりありません。地域の病院が軒並み休みなら、私共のような中核病院に患者さんが押し寄せてくることも覚悟しています。心配なのは手術の問題。10日間、丸々休めば、手術が必要な患者さんの日程を、連休前後に振り分けるなど調整が必要になってくるかもしれません。ただでさえ手術件数が増加して、普段でも手術室は満杯の状況ですからね。10日遅れようが生死にかかわらない患者さんでも、長く待たされるとなったら、心穏やかではないでしょう」

 混乱に備えて対応を検討していると言うのは、東京都災害拠点病院の江東病院副院長・田宮栄治氏だ。

「まだ決定ではありませんが、10連休中2日間は平常通り業務する方向で調整しています。入院患者を抱える大きな病院なら、薬剤師が常駐していますから、休みに薬が必要になっても院内の薬局で処方できます」

 他方、御代替わりならではの懸念を口にするのは、東京・赤坂にある山王病院副院長の奥仲哲弥氏だ。

「産婦人科の部長が、5月1日に合わせ出産を希望する母親がたくさん現れるのではと危惧していました。4月30日に生まれると平成最後の子になりますが、翌日なら新元号に変って最初の子どもになれる。今は人為的に出産日を決めることができる計画分娩も、一般的になってきていますからね。せっかくだからと、5月1日を希望日にする妊婦さんが増えるのではないか。それが悩みのタネになっています」

 御代替わりという新時代の幕開けまで、あと100日あまり。果たしてその時、日本はどんな産声を上げるのだろうか。

「週刊新潮」2019年1月17日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網