戻る


吉田麻也、相棒・冨安健洋の代表初得点や守備での貢献に「正直、驚いています」

吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-0 サウジアラビア AFCアジアカップ2019・決勝トーナメント1回戦】

 日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦でサウジアラビアと対戦し、1-0で勝利した。

 試合後、吉田麻也は「ほとんどボールを支配されて守備の時間が長かったですけど、こういう試合を勝ち抜くというのもチームが強くなるために必要なことだと思うので、よく耐えたなと思います」と、1点を守りきったことへの手応えを口にした。

 吉田が振り返るように、サウジアラビアにボールを握られる展開となった。この難敵について吉田は「オランダ人の前監督、そして今の監督、非常にサウジアラビアの戦術という面では伸びていると思います」と述べ、「毎回やるごとに難しい試合になっているなと感じるので、そういう意味でもアジアの差というのはどんどん縮まっているんじゃないかという風に思っている」と話した。

 そして、「僕らもここからもっともっと伸びていかなければいけないですし、ここでアジアカップを取り返してアジアのチャンピオンになることはもちろんそうですけど、もっともっと世界に近づいていくために。そういう意味でも今日のこういう勝ち方というのは大きいなと思います」と語った。

 この日唯一のゴールはセンターバックでコンビを組む冨安健洋によるもの。吉田は「素晴らしいと思いますね」と称賛。そして「よくゴールも取りましたし、守備でも集中力を切らさずに最後までやり切って、正直驚いています」と述べた。

 準々決勝に向けては「ここで気を緩めずに、次は中2日になるのでいいリカバリーをして、またいい試合をして勝てるようにしなければいけないですし、これが終わりじゃないのでここで満足せずに最後まで走り抜きたいなと思います」と意欲を示した。

text by 編集部

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網