戻る


ビートたけし 前澤氏やすしざんまいの“話題作り”の是非

いつまで注目を集められるか(AFP=時事)

写真拡大

 ファッション通販サイトZOZOTOWNの運営や、女優・剛力彩芽とのオープンな交際で知られる実業家の前澤友作氏が、TwitterでRTした人を対象に100人に100万円プレゼントを実施し、大きな話題となった。応募するためだけにTwitterアカウントをつくった芸能人もいたほどだ。新刊『さみしさの研究』が話題のビートたけしが、突如、盛り上がった「100人に100万円」騒動について、考えた。

 * * *
 いろんなことを考えるもんだよな。やっぱり、カネの遣い道にはその人の個性というか本質が出てくるね。

「ZOZO」の前澤(友作)って社長が、ツイッター上で100人に100万円ずつ、総額1億円をお年玉としてプレゼントするって企画をやり始めて大騒ぎになってさ。

 それに釣られて、300万人以上が殺到したというんだよな。

 オイラからするとカネをばらまいて世間の注目を集めようとするのも、それにへいこら乗っかるヤツも品がないって思っちまうんだけどさ。

 今回もそうだけど、この社長はオークションで100億円もする絵を落札したり、野球チームを買収しようとしたり「本業じゃないこと」に熱心だよな。

 でも、費用対効果の高い宣伝と考えれば、なかなか上手いんじゃないの。まァ、言ってみれば「すしざんまい」と同じやり方だよ。

 板東英二みたいな顔したすしざんまいの社長が毎年、マグロの初競りで何億円ってカネをかけて競り落としてるだろ。「なに馬鹿なことをやってるんだ」って思うかもしれないけど、それでもメディアは食いつくワケでさ。同じだけCMで露出しようとしたら、競り落とした金額じゃ済まないぜ。

 今年は史上最高の「3億3360万円」で落札したらしいけど、あれだけ報道してくれるんなら安いもんだよ。もともとCMを流さないNHKでも紹介されたんだから、そりゃ狙い通りだよな。

 こういう“話題作り”を批判するメディアも多いけどさ、そもそもこういう件をテーマとして取り上げる時点で企画したほうの思うツボなんだよ。もし、前澤社長みたいなやり方を本気で憎々しく思うなら、完全無視しかなくてさ。まァ、昔の“荒れる成人式”と同じだよな。

 テレビやらで扱うからブームになるし、飽きて扱わなくなるとだんだん廃れていくというね。きっと何年かしたら、マグロの初競りも、前澤社長のパフォーマンスも飽きられちゃうよ。賛否両論あっても、みんなが話題にしてるウチが華だよ。

●取材協力/井上雅義

※週刊ポスト2019年2月1日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網