戻る


“ダルマ顔”だね…!顔が大きく見えてしまう「帽子のタイプ」とは?

“ダルマ顔”だね…!顔が大きく見えてしまう「帽子のタイプ」とは?

写真拡大

今回は、顔が大きく見えてしまう帽子のタイプを4つご紹介!
「あの人顔が大きいなぁ」なんて思われることのないよう、しっかりと注意点をみていきましょう。

(1)小さめの帽子


『帽子が小さいと顔の大きさが強調されるから大きめの帽子の方が小顔効果があると思う』(29歳/企画)

小さめの帽子をかぶってしまうと、どうしても帽子よりも顔が強調されてしまいます。
そのため顔が大きいことに悩みを抱えている人は、小さめの帽子よりも小顔見せ効果を発揮してくれる女優帽のような大きめの帽子がオススメです!
帽子のインパクトを利用して、オシャレ度も小顔見せ効果もアップさせちゃいましょう。

(2)つばの短いキャップ


『帽子にあんまりインパクトがないから、顔に目が行ってしまう。小顔効果は期待できないね』(31歳/営業)

つばの短いキャップも小さめの帽子と同様、どうしても顔にインパクトがいってしまいがちです。
帽子が小さく顔が大きく見えてしまうため、顔の横幅や縦幅が気になる人は避けた方がいいでしょう。

キャスケットならつばが広く帽子のサイズも大きいタイプが多いので、小顔見せ効果は期待大!
顔の大きさをカバーしてくれる帽子を上手に選んで、小顔美人を目指しましょう。

(3)ニット帽


『ニット帽はかぶり方さえきちんと考えたら十分小顔効果が発揮できると思います!』(30歳/アパレル)

伸縮自在なニット帽は、かぶり方によって顔を大きく見せてしまうことがあるので要注意。
たとえば丸顔さんが深めにかぶってしまうと、トップにボリュームがなくなって顔の丸みが強調されてしまいます。

また面長さんが浅めにかぶってしまうと、トップにボリュームが出てしまう分、顔の長さが強調されてしまうのです。
丸顔さんは浅め、面長さんは深めを意識して、自分の顔の形にあったかぶり方をしっかりと見出しましょう。

(4)白い帽子


『白は膨張色。これはもう当たり前のように覚えておいた方がいい』(32歳/人事)

女性らしいカラーとして男性ウケが抜群にいい白い帽子ですが、膨張色なため輪郭がぼやけてしまうのが難点……。
輪郭がぼやけてしまうと顔が大きく見えてしまうので、実際よりも太って見えてしまうのです。

顔の大きさが気になる人はブラックやネイビーといった細見え効果のあるダークカラーをチョイスするといいかもしれませんね。

----------

コーデに帽子を追加するだけで、オシャレ度が格段に増すということは多々あります。
しかししっかりと自分に合った帽子をかぶらないと、顔の大きさが強調されて太って見えてしまうことも……。
今回紹介した例を参考に小顔見せ効果のある帽子を選んで、オシャレ度もあなたの魅力もアップさせましょう。

(恋愛jp編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網