戻る


エースFW大迫、アジア杯サウジ戦で強行出場の可能性 森保監督が明言「今日の練習を見て」

サウジアラビア戦の前日会見に出席した森保監督【写真:Football ZONE web】

写真拡大

右でん部痛で別メニュー調整中の大迫、サウジアラビア戦で先発出場も

 日本代表は21日、シャルジャ・スタジアムで行われるアジアカップ16強でサウジアラビアと激突する。

 前日会見に出席した森保一監督は負傷を抱えるエースFW大迫勇也(ブレーメン)について「今日の練習を見て、メディカルと話して決めたい」と明かした。

 日本はグループリーグで3連勝を飾り、1位通過を果たした。初戦トルクメニスタン戦は大迫の2ゴールとMF堂安律(フローニンゲン)の一撃で3-2と逆転勝利。第2戦オマーン戦はMF原口元気(ハノーファー)のPKで1-0と逃げ切ると、先発10人を変更した第3戦ウズベキスタン戦はFW武藤嘉紀(ニューカッスル)、DF塩谷司(アル・アイン)のゴールで2-1と勝利を収めた。

 大迫は初戦後に右でん部痛を再発。第2戦の出場を回避し、別メニュー調整を続けていた。そんなエースFWについて「状態は上がってきている。今日の練習を見て、そのあとにどういう状況なのかをメディカルと話して決めたい」と、状態次第では強行出場の可能性も示唆した。

 一発勝負となる決勝トーナメントに突入し、指揮官はメンバー選考について「大前提は勝つということ。まずは今、どれだけベストを尽くせるか」と語っている。果たしてエースは先発出場するのか。あるいは切り札として勝負どころで投入するのか。指揮官の采配に注目が集まる。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網