戻る


ブルガリア出身鳴戸親方もごっつぁん「もつちゃんこ」レシピ

鳴戸部屋の「もつちゃんこ」

写真拡大

 寒い冬に食べたい定番料理といえば、やっぱり鍋。そして、鍋のエキスパートといえば、日頃からちゃんこを食べている力士たちだ。初場所で好取組を見せる力士たちの“パワーの源”であるちゃんこは栄養もバリエーションも豊富。相撲に詳しいノンフィクションライター・武田葉月さんが、“スー女”を代表して徹底取材した。

 ブルガリア出身の元大関・琴欧洲が2017 年4月に創設した鳴戸部屋。ヨーロッパ出身力士として初めて相撲部屋を持ったことでも話題になった。

「ウチの部屋はまだ若い部屋なので、マネージャーと力士で力を合わせてちゃんこを作っています。ブルガリアのヨーグルトが必ず食卓に並ぶのも鳴戸部屋の特徴ですね」(鳴戸親方)

 ちゃんこは親方、力士がみんな揃って「いただきます!」。

 ちゃんこ番は2チーム交代制。マネージャーの指示のもと、仕込み・調理と手際よく進める。

「後援者の方からいただく食材を無駄なく使うよう献立を考えます。しょうゆスープが基本です」と話すのは、調理を指揮するマネージャーの成田篤さん。この日は、きのこをふんだんに。

■鳴戸部屋の『もつちゃんこ』
●材料(4人前)
生牛もつ…400〜500g なめこ…1袋 玉ねぎ…1/2個 ごぼう…1/3本 キャベツ…1/4個 しめじ・えのきたけ…各1/2株 しいたけ…2枚 豆腐…1/2丁 ほうれん草…1/3束 さつま揚げ…2〜3枚 ぬるま湯…2カップ 干ししいたけ…3枚 鷹の爪…1本 
A[水…3カップ 粉末だし・酒・しょうゆ…各大さじ2 砂糖…大さじ1]
B[にんにくスライス…2片分 ごま油…大さじ2]

●作り方
【1】鍋にたっぷりの湯(分量外)を沸かして生牛モツを下茹でし、軽く火が通ったらザルにあげておく。ボウルにぬるま湯を張り、干ししいたけを入れ、戻す。
【2】キャベツ、玉ねぎはざく切りに、ごぼうはささがきにして水にさらす。しめじ、えのき、ほうれん草は食べやすい大きさに切る。しいたけは3mm厚さに、さつま揚げは半分に切る。
【3】鍋に【1】の干ししいたけの戻し汁とAを入れ沸騰させ、下茹でしたモツを加える。
【4】沸騰したら中火にし、【1】で戻した干ししいたけの薄切りと【2】、なめこを加え、全体的に火が通ったら豆腐を加える。
【5】フライパンでBを温め、香りが立ったら鍋に回しかける。仕上げに輪切りにした鷹の爪を散らす。

※女性セブン2019年1月31日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網