戻る


ついに偽装を脱いだ新スープラに乗ってみた!

ついに偽装を脱いだ新スープラに乗ってみた!

写真拡大 (全5枚)

もうティザー写真や偽装車のカラーリングを見ないで良くなったと思うと嬉しくなってしまうのは僕だけかな。

世界のエンスーが待ちに待ったクルマ、新型トヨタ・スープラが14日、デトロイト・モーター・ショーで盛大に発表された。Toyota GAZOO Racingが展開する「GR」シリーズ初のグローバルモデルとしてのお目見えとなった。

しかし、3色のモザイク偽装テープを脱いだスタイリングは賛否両論。発表会場で肉眼で見た国際メディアからは、「格好いい。旧型を上手い具合に解釈してる」という褒め言葉も飛べば、「エッジが効きすぎてて新しさを感じない」という辛口コメントもあった。

先月、僕はそんな新スープラの走りを確かめるために、某サーキットで試乗をしてみた。第一印象としては、デザインはともかく、パフォーマンスとハンドリングは期待していた以上だった。

だって、パワートレーンは超一流のものだ。パワーユニットはなんと340psを発揮するBMW製直6ターボで8速のA/Tが付いているので、加速性は抜群。ゼロから100km/hまでの加速は4.1秒とかなり早い。

サーキットでかなりプッシュしてみたけど、急な加速を要求しても、急な減速を求めても、スープラは全部答えてくれる。しかも、デトロイトで一般公開されたスペックは、500Nmのトルクを叩き出すということだ。



でも、ちょっと待った。皆この新スープラに興奮しているけど、忘れてならないのは、旧型のA80スープラが2002年に生産中止になっているということだ。面白いことに、17年前にトヨタがスープラを生産中止にしてから、同社の熱狂的なファンは次期モデルを手が喉から出るほど、待ちに待った。

その間、スープラが名前と伝説を保ってこられたのは、シリーズ累積で5兆円の興行成績を持つ大ヒット映画「ワイルド・スピード」とグランツーリスモでの登場のおかげと言ってもいいだろう。

そして、新型の具体的な話が出てきたのは2012年。トヨタとBMWが次世代スポーツカーの共同開発をすると発表したときだ。あれから7年も経っている。はっきり言って、待ちくたびれたと言ってもおかしくない。

不思議なことに、「スープラには10個のフェイク・ダクトがある」というアメリカの有力ウェブサイトがある。つまり、「な〜んちゃって」ダクトというか、「嘘の穴」がボディに開いているという。

でも、スープラの多田主査に聞いてみたところ、「フェイクではなくて、最初から企画していたダクトで、全て意味があります。全世界のモータースポーツのファンがレースなどに出る時に、スープラの性能を上げるために、そのダクトをそのまま穴を通せば、エンジンやブレーキの冷却性能が良くなります」と説明してくれた。

さて、新型スープラ「A90」は、その期待に答えられるだけの素質はあるのか、袖ヶ浦フォーレスト・レースウエイで試してみた。あ、言ってしまった。

ついに偽装を脱いだボディを初めてみた時、その筋肉質なリア周りと彫刻っぽい部分にひと安心した。そのマッスル・ボディを見ると、デザイナーは「アベンジャーズ」シリーズのトール役、クリス・ヘムズワースにインスパイアされたのではないかと思う。



でも、正直なところ、このクルマは美しいというより、機能的でマッチョな張り出しを使っていると感じる。正直にいえば、2014年にデトロイトで発表されたFT-1コンセプトにもう少し近いデザインだったら、もっと格好良かったのにね。

シルエットは旧型A80とほぼ同様だけど、全体的なフォルムが綺麗だ。ヘッドライトの角度は多少保守的に感じたものの、大型フロントのエアダム、削り取られたようなサイドのプロファイルと、ジェニファー・ロペスのヒップを思わせるようなリアのブリスターフェンダーが格好いい。

インテリアは、柔らかな赤と黒の2色の本革を採用していて、ダッシュボードにはさりげない直線デザインが取り入れられて落ち着いた雰囲気。上品なデジタル系ゲージは大人向けの仕上がりだ。これは思いっきりのスポーツカーというより、GTカー、つまりグランツアラーのイメージが強い。



サーキットに出ると、BMW製の直6ターボの溢れるパワーに思わず微笑みが溢れる。これは期待通りだ。もう一回繰り返すけど、このパワートレーンはBMWが作ったものだから「すごく良い!」 言い換えれば、採用している新BMW Z4が世界の超一流エンジンの1つだからこそ、加速感、ドライバーに伝わる音と良い振動はハンパない。

340psを発揮する新スープラの直6ターボエンジンを、8速のデュアル・クラッチのトランスミッションと組み合わせているので、パドルをいじると、ショックなしで素早くシフトしてくれる。言うまでもなく、この直6エンジンと8速A/Tの相性が良くて、4000回転以上のエキゾーストノートは低音で乾いた迫力の音だった。

ステアリングは手応えがあってちょうど良い重さ。狙ったラインを綺麗にキープしてくれて、しかもロールは少ない。乗り心地は多少硬めだけど、毎日の通勤に使えると思う。試してみた4ポットのブレンボー製ブレーキの制動力は十分で、ブレーキフェードをほとんど感じなかった。

全開のコーナリングでテールを流したときに、少しピーキーな反応を起こす。これはあくまでもサーキットやワインディングなどで思い切りスポーツ走行をしている時、ある一線を越えるとバランスを崩すこともある。でも、1月の発表前までにトヨタがその辺りは直すと言っていた。



ということで、このクルマは、ジャポネスクな外観の迫力は欧州のライバルと負けていないし、パワー感とハンドリングは一流だ。価格はアメリカでは5万920ドル(約556万円)から。でも、日本の価格設定は600万円台になるだろう。GTカーである新スープラは、期待通りの出来上がりだ。発売が待ち遠しい。

国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話
「ライオンのひと吠え」 過去記事はこちら>>

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網