戻る


何着ても“田舎っぽい”ね…!どんなコーデも「ダサくなる」女性の特徴

何着ても“田舎っぽい”ね…!どんなコーデも「ダサくなる」女性の特徴

写真拡大

今回は「田舎臭い」と思われてしまうダサダサ女性の特徴を大公開!
知らぬ間にダサい女性というレッテルを貼られてしまうことがないよう、しっかりと内容を確認していきましょう。

(1)TPOをわきまえていない


『TPOをわかっていない子って経験が少ない子なんだよね』(35歳/医療関係)

高級レストランなどで食事なのに普段着で行く、地元の定食屋さんなのにキメキメのコーデで行く……なんてことはありませんか?
はたまた、たくさん歩くと分かっているのにヒールの高い靴を履いてきたり、たくさん動くと分かっているのにミニスカートを着用してきたり……なんていうのも絶対にNGです!

TPOをわきまえることができない人は、ダサダサ女性の代表格。
その場に合った服装を心がけて、オシャレを楽しみましょう。

(2)カラー使いがうるさい


『原宿系のファッションが好きな男はごく一部』(27歳/企画)

コーデの色使いは、多くても3色までに留めておくのが吉!
それを超えてしまうと余程オシャレな人でない限り、統一感のないうるさいコーデに仕上がってしまいます。

特に柄物はそれだけでカラフルな印象を抱かせてしまうため、注意が必要です。
靴やバッグなどの小物も念頭において3色以内でコーデを考え、ダサさからの脱却を図りましょう。

(3)地味なカラーを好む


『地味な服装は顔も地味にみえちゃうんじゃない?』(30歳/コンサル)

ブラックやグレー、ブラウンなどといった落ち着きのある色合いは、秋や冬に大活躍してくれますよね。
しかし、全身をそういったカラーで固めてしまうと、どうしても地味な印象が浮き彫りとなってしまうので要注意。

たまにはホワイトを始めとする明るいカラーも取り入れて、コーデに華やかさをプラスしましょう。

(4)年齢に見合っていない


『自分が見えていないのはヤバイでしょ』(25歳/IT)

丈が短いスカートやパンツ、ピンクといったアイテムは、どうしても若者を連想させてしまいます。
年齢に見合っていない服装をしてしまうとダサいのはもちろん、逆に老けて見えることも多いので、避けた方が無難です。

その他にも、キャラクターものやジャラジャラとしたアクセサリーなんかも幼さが目立ってしまうため注意!
自分の年齢に合ったファッション雑誌を読むと、自ずと自分とマッチするコーデが見えてくるのでオススメですよ。

----------

ダサいファッションを回避するためには、自分のコーデを客観視することが大切です。
出かける前に自分に合っているのか、そしてTPOに合っているのかを今一度確認しましょう。

(恋愛jp編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網