戻る


たけし「稀勢の里は犠牲者」…無理やり横綱の相撲をとらされた

 ビートたけし

写真拡大

 ビートたけしが19日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、引退した元横綱稀勢の里について、「無理やり横綱の相撲をとらされた人で犠牲者だと思う」と述べた。

 番組では元横綱稀勢の里の引退について取り上げ、話し合った。たけしは「稀勢の里はみんなに引っ張り上げられて無理やり横綱の相撲をとらされた人で犠牲者だと思う。もっと楽にしてやったほうが良かった」と持論を述べた。

 「日本人の横綱、横綱って無理やり土俵にあげてるから。本当は、貴乃花が言うように横綱になったら引退しなきゃいけないってルールがおかしい」とも述べ、「近代相撲にしたのに前時代的。どっちつかず」「横綱が大関に下がったっていいと思う。昔の横綱が幕下で見れていいじゃん」などと話した。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網