戻る


『向上委員会』久代萌美アナ「さんまさんはずっと私を見てくれている」

 2015年から始まった『さんまのお笑い向上委員会』で司会・明石家さんまのアシスタントを務める久代アナ。芸人同士のアドリブ合戦が続く同番組の進行は難しそうだが、そこにはさんまの温かいサポートがあるのだと話してくれた。(全3回の2回目 #1、#3も公開中)

【写真】久代アナの写真(全8枚)を見る


フジテレビ久代萌美アナウンサー

「久代、こういうの好きやろ」と振ってくれるさんまさん

―― 『さんまのお笑い向上委員会』で共演されている明石家さんまさんはどんな印象ですか?

久代 いつも全力疾走されていらっしゃって。『向上委員会』が始まったばかりのときに、あの空間で立っているだけでも、皆さんのエネルギーに圧倒されてしまって。すごく面白くて、楽しいんですけど、顔がこわばっていたり緊張したりして、無表情になっていたんです。

 そしたら、さんまさんが「ほんまに面白いと思ったときだけ、笑えばええねん」と言ってくださって。

 さんまさんって、番組でずっと私に背を向けているようで、どうやって見ているのか分からないんですけど、ずっと私のこと見ているんですよ。私がどこで笑っているかとか、全部把握されていて。「こういうの、久代、好きやんな」みたいな感じで振ってくださったりするんです。「いつ、把握していたんだろう」「私は、さんまさんの背中しか見てないのに」って不思議で。

“バラエティの女王”西山喜久恵さんに相談

―― バラエティー番組ならではの難しさもありますか?

久代 フジテレビのアナウンサーってバラエティでやりきる、振り切るというのが、他局に比べて特化している感じを私は持っていたので。でも、そのやりきるということができなくて。けっこうシャイな性格で。

 そうやって悩んでいたのを、“バラエティの女王”西山喜久恵さんに相談したことがあって。キクさんは振り切れる、神様みたいな存在なんです。それで相談したら「だけど久代が振り切ったら、逆にちょっと違和感あるよ」と言われて。「久代は、その迷いながらやらされている感じというのがまた面白いし、すべてやりきるだけが正解じゃなくて、久代は久代なりのやり方でいいんじゃない?」と言ってくださって。それもすごく嬉しかったですね。

「ヤバイ」「マジ」は使ってはいけないんですけど…・・・

―― 新人時代とか、いわゆる教育係みたいな先輩はいたんですか?

久代 決まった先輩はいないんですけど、困ったときとかに自分から先輩のところに行って「こういうところで、悩んでいるんですけど」と言うと答えてくれます。それぞれ、ニュースで困ったらこの先輩に訊こうとか、バラエティで迷ったら西山さんに訊こうとか。いろいろな方に訊いていました。

 普通はアナウンサーは「ヤバイ」とか「マジ」とか、絶対使ってはいけない言葉なんですけど、つい出ちゃうときがあるんですよ。ロケとかで、過酷な状況にいたら「ヤバイ、ヤバイ」とか無自覚に言っちゃっていて。それがオンエアでも使われて、大きく字幕スーパーでも起こされてしまったんです。そのときもキクさんは「普通はダメなんだよ。その言葉は正しい日本語じゃない。新人アナウンサーだったら、絶対使っちゃダメと教えるけど、久代はいいよ。すごくその状況がわかりやすかったし、不快にも思わない。等身大で伝わってくるから」って。もちろん正しい言葉で伝えられたら一番いいんですけど、今は自分なりの表現がそういう風になっちゃう。ゆくゆくは自然に違う言葉が出せるようにならないと、と思っています。

松本さんと東野さんの助け船が心強い『ワイドナショー』

―― 昨年から『ワイドナショー』もやられていますけど、松本人志さんや東野幸治さんの印象は?

久代 ほんとにテレビで見ているまんまの松本さんです。東野さんは打ち合わせから一緒にお話しさせていただいているので。「このニュースについて、どう思うか」とか、「何か話せることあるか」とかを事前に訊いてくださって。私がコメントできそうなものを振ってくださったりとか。もし、私がそれこそ「就活でテレ朝が第1志望でした」とか言ってしまったとしても、絶対に東野さんとか松本さんが助け船を出してくれるんです。必ず笑いに変えてくださるというか、置き去りにしないでくださるので、いつもすごく心強いなと思って、安心して何でも話せる環境をいただいていると思います。

「私は報道志望だよ」「え? ウケる!」

―― 久代さんは今、「バラエティ」なイメージがありますけど、今後、進みたい道はあるんですか。

久代 ずっと入社したときから、「報道志望」って言ってました。こう言うと、ネタみたいに扱われてしまいますけど、今でも報道志望で、実際に、ニュースも土日、『S-PARK』内でやらせてもらっていて。自分では報道アナウンサーだと思って(笑)。

―― 自分で笑っちゃうんですか(笑)。

久代 この前、後輩のアナウンサーに、「何志望なの」みたいな話をしていたら「久代さんて、何志望なんですか」と逆に訊かれて「報道だよ」と言ったら、「え? ウケる!」って言われたんですよ。ネタかギャグだと思われて(笑)。「え? ウケるところじゃないんだけど。今も昔もずっとそうなんだけど」と言ったら「え? ヤバイ。ウケる」って。もちろんバラエティも大好きなんですけど、報道もしっかりできるアナウンサーになりたいんです。バラエティと報道を同時にやっているという人はあまりいないので、どっちもできるアナウンサーになりたいなと思っています。

―― 報道番組ではバラエティと違う難しさを感じますか。

久代 たとえば『向上委員会』だと、たくさんの方がいらっしゃって、みんながみんなをフォローしあって作り上げていく。報道番組も、オンエアまではもちろんみんなで作ってくださってやるんですけど、最後、現場にいるのは1人なんですよ。インカムで、上の人もいろいろ声は掛けてくださるんですけど、最終的に背負っているのは自分1人だということを思うと、ちょっと孤独感はあります。でも、だからこそ皆さんが作ってくださったものを、最後1人で失敗なくお届けする、ちゃんと場面を終えるやり甲斐みたいなものをすごく感じています。

(#3に続く)
写真=深野未季/文藝春秋


#1 フジ久代萌美アナが明かす「テレ朝に入りたかった」発言の真相
http://bunshun.jp/articles/-/10441
#3 フジ久代萌美アナが語る結婚願望「ひとりでご飯をつくっても寂しいので」 
http://bunshun.jp/articles/-/10445
につづく

くしろ・もえみ/フジテレビ・アナウンサー。1989年生まれ、東京都出身。2012年フジテレビ入社。現在の担当番組に『さんまのお笑い向上委員会』、『ワイドナショー』、『S-PARK』内ニュースなど。

(てれびのスキマ)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網