戻る


「蒙古タンメン中本」で糖質オフメニュー発見。“麺なし”でも満足できるか?

「蒙古タンメン中本」で糖質オフメニュー発見。“麺なし”でも満足できるか?

写真拡大

 ダイエット方法のひとつとしてだけでなく、健康面でも注目されている低糖質メニュー。最近ではコンビニやカフェでも見かけるようになってきました。最近では高カロリー、ジャンクなメニューを扱っている健康とは無縁そうなお店やファストフードまで低糖質戦線(!?)に登場しています。

 今回はみんな大好きラーメンの糖質オフメニューにチャレンジ。激辛麺がおいしいラーメンチェーン店「蒙古タンメン中本」の定番メニュー「蒙古タンメン」の麺を豆腐に変更してオーダーしてみました!

◆中本の糖質オフメニュー「豆腐変更」
 中本ではカロリーや栄養成分を公表していないので、ネットにある一般的な情報たちからの推測になりますが、蒙古タンメンのカロリーは780kcalほど(推測)とのこと。近いカロリーのラーメンには天下一品のこってり(並)があります。普通の醤油ラーメンで500kcal前後だと思うと、どちらもちょっとカロリー高めです。

 では糖質はどうでしょうか。ゆでた中華麺の糖質は100gあたり29.0g。同じように小麦で出来たうどん(ゆで)の糖質が21.3gということですから、かなり多めなのがわかります。この麺をまるっと豆腐に変更してしまうのが、中本の「豆腐変更券(60円)」。

※参考:ロカボ辞典 https://locabo.net/dictionary/#anchor-sec-dictionary-chap02

 豆腐の糖質ですが、木綿豆腐1丁でおよそ3.6gですから、これはラーメンでも大きな糖質カットが見込めそうです!

 その日は、昼ごはん抜きだった筆者。ペコペコのお腹を抱えて、中本へ。自動販売機で「蒙古タンメン(800円)」と「豆腐変更券(60円)」を購入。もともと中本は大好き。

 いつものような満足感を、豆腐でも得られるのでしょうか。楽しみです。

◆チゲ鍋っぽいかも!? 豆腐変更の蒙古タンメン
 夕飯にはまだ早い時間なのに、カウンター席には人がいっぱい。サラリーマンも多く見られます。割とすぐ登場したのが、「蒙古タンメン(豆腐変更)」。蒙古タンメンは、肉、野菜たっぷりの味噌タンメンの上に、激辛マーボー豆腐をトッピングした一品。もともと豆腐もたっぷり入っています。

 麺があるはずの場所を探ると……

 豆腐がたっぷり! どれだけ中を探っても、豆腐と野菜で埋め尽くされています。なんだか、ラーメン屋さんなのにヘルシーそう。

 柔らかく煮込まれた野菜と豆腐、そして“ウマ辛”なお味は、まるで韓国料理。そう、チゲ鍋を食べているみたいです! 濃厚なラーメンスープはそのままだからか、濃い味は食べごたえもしっかり。むしろ辛い味が、豆腐でやわらいでいるので食べやすいかも。

 麺だと途中で重さを感じてくるのですが、豆腐だったおかげでさっぱりおいしく完食できました。これはおいしかった!

◆ラー“麺”じゃないけど、濃い味を堪能!
 マーボー豆腐+追加豆腐ということで、豆腐の量は十分。しかも、温かい商品なので寒い季節でも胃が冷えずに食べられるところは◎。しかも、濃い味なので後の満足感もしっかり得られます。

 飲んだ後にラーメンが恋しい。けど太るのはいやだ……というときは、積極的に豆腐変更をチョイスしたいと思えるほど、ちょうどいい腹持ち。柔らかく煮込まれた野菜もたっぷり採れるので、なんとなくヘルシーな気もしてきます。特に韓国料理のチゲ鍋など辛いもの好きな人にはぴったりかも。

 でも濃い味ゆえか、糖質オフしているのにライスを追加したくなってしまいました。憧れのラーメン+ライスを、豆腐変更なら実現できちゃうかも?

 まあ、いろいろ本末転倒な気もしますが。

※店舗により、取り扱いメニューが異なる場合があります。

―ガッツリメシの糖質オフメニューを食べてみた vol.3―

<写真&文/山田朝子>

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網