戻る


大坂なおみ、全豪3回戦第1セット落とす ラケット投げつけ、悔しさ表す

大坂なおみ

写真拡大

 「テニス・全豪オープン」(19日、メルボルン)

 世界ランキング4位の大坂なおみ(日清食品)が、女子シングルス3回戦で同27位の謝淑薇(台湾)と対戦した。

 第1セットは第6ゲームで謝が初めてのブレークに成功。直後の第7ゲームで大坂がブレークバックし、さらに第9ゲームをブレークして5−4とした。しかし、第10、第12ゲームをブレークされ、5−7でこのセットを落とした。大坂がセットを失ったのは、今大会初。セットを失った瞬間、右手に持っていたラケットをコートに投げつけ、悔しがった。

 大坂は1回戦で同80位のマグダ・リネッテ(ポーランド)に6−4、6−2で勝ち、2回戦では同78位のタマラ・ジダンシェック(スロベニア)と対戦し、6−2、6−4と、2試合連続ストレート勝ちしていた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網