戻る


家庭向け「Microsoft Office 2019」永続ライセンス版、1月22日発売

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マイクロソフトは1月22日に、オフィススイート「Microsoft Office」の最新版となる「Microsoft Office 2019」を発売する。Office 2019 Personal、Office Home & Business 2019、Office Professional 2019、Office Professional Academic 2019の4種類を用意。そのほか、Word、Excel、PowerPointといったアプリケーション単独でも販売される。提供の形態は、ダウンロード版かPOSA版。

今回発売されるのは、いわゆる買い切りの「永続ライセンス版」。世界的に見ると、Officeアプリケーションは月額や年額のサブスクリプション版「Office 365」に移行しているが、日本では従来(パッケージ版)と同じ流れの永続ライセンス版に対する根強い需要がある。例えば、企業ユースにおいては、経費処理上の理由で永続ライセンス版のほうが都合よいこともあると思う。

サブスクリプション版「Office 365」のメリットは常に最新の機能を使えることだが、永続ライセンス版は基本的にセキュリティ更新のみで、アップデートによる機能の追加はない点に注意。また、Office 365の各アプリケーション(Word、Excelなど)と永続ライセンス版の各アプリケーションは、それぞれ「最新版」ではあっても機能的にはまったく同一ではない。単純にいえばOffice 365のほうが多機能だ。

永続ライセンス版は、同一ユーザーが使用する2台までのWindows PCにインストールできる。一方、個人向けOffice 365は、インストール可能なPC台数に制限がなく、5台までの同時使用が可能。Windows 10が必須である点に注意されたい。

永続ライセンス版のMicrosoft Office 2019、ラインナップと参考価格(税別)は以下の通り。詳細は日本マイクロソフトのブログや、Officeサイトを参照いただきたい。

○Windows向けスイート製品

Office Personal 2019: 29,800円

Office Professional 2019: 59,800円

Office Professional Academic 2019: 27,800円

○Mac向けスイート製品

Office Home & Student 2019 for Mac: 23,800円

Office Academic 2019 for Mac: 16,800円

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網