戻る


NGT襲撃事件で考える 女性芸能人の「真面目」さとつらさ

山口真帆(NGT48公式サイトより)

写真拡大

 真面目だね、というのは褒め言葉だろうか。社会に出れば言外の意味を感じることもある。個人的な話で恐縮だが、マスコミや広告業界で働いていると、それは「つまらない奴」「考えすぎ」「堅苦しいね」の婉曲表現としてぶつけられることも多い。そんな時、恥ずかしさと哀しみが両方こみ上げるような、言いようのない気持ちになるものだ。

 さて、なんで真面目にやってる子が守られないの、というつぶやきを残していたNGT48の山口真帆。これを書いている段階では、例の襲撃事件の真相はまだ明らかになっていない。支配人が更迭となり、第三者委員会が立ち上げられるという決定が発表されたのみだ。しかし、様々な疑惑や運営側への批判は論じ尽くされている。ここでは彼女の「真面目さ」と芸能界の関係について考えてみたい。

山口真帆(NGT48公式サイトより)

 襲撃を受けながらも健気に活動を続け、警察にも自身が有名アイドルだと告げなかった山口。ことを荒立てて他のメンバーやグループに迷惑をかけたくないという思いと、運営側の「きちんと対応する」という口約束を信じてのことだったと言う。だが彼女の思ったようにことは運ばず、意を決して動画配信とツイッターで事件について公表したところようやく問題視され、運営側の対応のまずさが浮き彫りとなったのだった。

 頑張っていれば報われる。聞き分け良く、仕事に穴を空けないようにこなし、自分さえ我慢していれば事態は好転する。そんな真面目さを保とうとした山口。けれども結果として、真面目でいい子であったことは、何の得にもならなかったのではないか。売れたもん勝ち。哀しいが芸能界とはそういうところであろう。私は今回の事件で初めて彼女を知ったが、乃木坂46にいそうな美人だと思った。でも、これだけ容姿端麗で、多少はメディアに出ていたのに、騒動があるまで名前さえ知らなかったのだ。おそらく世間の多くの人も同じではないだろうか。それは、地道に真面目に活動していた彼女からしてみれば、とても皮肉なことだと思う。

 AKB48グループで有名になったメンバーは、スキャンダルや炎上で名をあげた者も多い。そうしたやり口を敬遠していた山口は、やはり芯から真面目でいい子なのだろうし、芸能界で生きるには純粋すぎるのかもしれない。しかしながら、山口の訴えに手をこまねいていた運営の初動の遅さは確かに問題だ。その危機感の薄さを見れば、今回の騒動は起こるべくして起こったのかもしれない、と感じるのだ。

芸能界で「真面目」であることのつらさ

 山口の「真面目さ」が食い物にされた事件ではあるが、もうひとつ興味深いことがあった。今回の運営対応に対して苦言を呈した指原莉乃に対し、松本人志が「それはお得意の体を使ってなんとかしたら」と暗に枕営業を匂わせる発言をして批判を受けたことだ。Twitterでは、明らかなセクハラとなじる声が多かったように思うが、Yahoo!ニュースのコメントでは「松本は堅い雰囲気を和ませようとして軽口を叩いただけ。そんなに目くじらたてなくても」というコメントも散見され、頭を抱えてしまった。出た、真面目に語ると「堅苦しい」と糾弾される風潮。でもこの事件こそ、真面目に語らないとダメな案件ではないのか。まぜっかえす必要があるのだろうか。かつて美空ひばりは顔に塩酸をかけられ、吉永小百合は銃を持った男に自宅に踏み込まれた。いずれもファンの犯行である。彼女たちに対しても、同じように言えただろうか。それとも、被害の度合いや知名度が違うんだから、いちいち真面目に揚げ足をとるなんてつまんねえ奴、とでも言われるだろうか。

 とにもかくにも、真面目に対処した女性が憂き目にあい続けている一連の騒動。男性のセクハラは笑っていなすこと、それが女性のしなやかさであり成功への一手、とすすめる声もいまだ少なくない。昨年末は「平成最後」という枕詞がそこかしこで踊ったが、この手の問題こそ「平成で最後」にしないといけないのではないか。忖度なし、特例なし、誠実な態度。そんな真面目な姿勢を面倒くさがらず、芸能界が少しずつ評価してくれるようになるといいなと、真面目に思う。

(冨士海ネコ)

2019年1月18日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網