戻る


人として大丈夫…?男性が「育ちが悪い」と感じる女性の行動4つ

人として大丈夫…?男性が「育ちが悪い」と感じる女性の行動4つ

写真拡大

「育ちが悪い」と人に対して感じたことはありますか?
男性だから、とか女性だから、というような視点ではなく、人として気になってしまう部分ってどうしてもありますよね。

でも、もし自分が「育ちが悪い」なんて思われているとしたら……少しぞっとしませんか?
もしもあなたが男性から見向きもされない生活を送っているとしたら、「育ちが悪い」と思われるようなことをしてしまっているのかもしれません。

それでは、男性が女性に対して「育ちが悪い」と感じてしまう行動を4つご紹介します。

(1)言葉遣いが汚い


『食うって言う子には引きますね』(26歳/販売)

育ちが如実に現れると言われるのが「言葉遣い」です。
特に女性はあまりスラングを使わず、上品な言葉を使うようにしておかないと、男性に引かれてしまう原因にもなります。

「食べる」を「食う」と言ってしまったり、人を呼ぶときに「おまえ」と使ってしまうなど、何気ない言葉の節々で育ちがわかります。

もちろん男性でもこのような言葉を使う人はあまり歓迎されません。
女性として見られたいと考えているのであればなおさら、丁寧できれいな言葉遣いを習慣づけましょう。

(2)靴を揃えない


『お座敷とかで靴脱ぐ時に揃えないのを見てあれ?って思った』(31歳/公務員)

家にお呼ばれした時や、座敷のあるお店に入る時に目立ってしまうのが「靴を揃えない」という点です。
普段はあまり見えないので油断しがちですが、意外と見られています。

脱ぎっぱなしで上がると、「きちんとしつけられていないのかな?」と思われてしまうこと間違いなし。
悪い意味で、子どもっぽい印象をもたれることもあります。

脱いだ靴はきちんと揃えてから座敷に上がる。
出来ていないあなたは今日から習慣にしていきましょう。

(3)食べ方が汚い


『食べる時の姿って育ちがそのまま出るよね』(27歳/営業)

食事のマナーが守れていないせいで生理的嫌悪感を持たれるケースは非常に多いです。
この「マナー」というのは、なにもフルコースを順番にきれいに食べなければならないという次元の話ではありません。

一般的な家庭だと、箸の持ち方や、食事を取るときの態度など、基本的なことは親から教わりますよね。

・箸を握るように持つ
・口を開けて咀嚼する
・肘をついて食べる

このようなクセがついていると、「育ちが悪いのかな?」と思われるのと同時に不快感を抱かれることになってしまいます。
おそらくその人は一緒に食事をしてくれなくなるのではないでしょうか。

食事を取るときは、最低限相手に不快感を与えないような食べ方を心掛けてくださいね。

(4)身なりがだらしない


『人前に出る最低限の身だしなみはクリアして欲しいよね』(29歳/企画)

ワイシャツにアイロンがかかっていない、程度であればまだ問題は少ないでしょう。

・毛玉がついたセーターを普通に着ている
・襟ぐりの伸びたTシャツを着ている
・シミのついた服を着ている

など、ちょっとだらしない服や、一般的には改善できないならもう捨てるしかないのではないかと思われるほど使い込まれてくたびれた服を平気で着ていると、育ちを疑われます。

新品同様とまではいかないまでも、フリーマーケットにすら出せないほど何年もヘビロテした服をいつまでも着るのはやめましょう。

----------

「育ち」が伺える場面はやはり衣食住に関係する部分が大きいことがわかりました。
衣食住だけは幼いころからの習慣が大人になっても抜けないという人が多いので、自然と生育環境を疑われてしまうんですね。

もし自分に「育ちが悪い」と思われてしまう要素があるかどうか心配な場合は、自分の憧れている人や「ああなりたい」と思う人の仕草や行動をしっかり観察すると自然と行動が変わっていきます。

実際の育ちがどうであれ、行動を正せば気持ちよく生活できることは間違いないので、一度自分の行動を振り返ってみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網