戻る


米アメックスが日本の飲食店予約サービス買収 子会社化の決め手は?

米アメックスが日本の飲食店予約サービス買収 子会社化の決め手は?

写真拡大

日本企業が海外大企業に買収される「クロスボーダーM&A」の事例が、新たに誕生した。

2019年1月11日、クレジットカードなどで知られる米アメリカン・エキスプレス・カンパニー(米アメックス)は、日本でクレジットカードを発行する完全子会社 アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(アメックス.Inc)を通じて、ポケットコンシェルジュの全発行済株式を取得した。これにより米アメックスは、ポケットコンシェルジュを完全子会社化したことになる。

今後はカード会員に向けて、予約の難しい国内高級店の利用などのサービスを提供すると見られている。

ポケットコンシェルジュは、日本の高級飲食店を専門にした予約サービス。ミシュラン星付店など、国内のレストラン800店以上とのネットワークをもっている。

同社は日本食料理店で料理人として、修行を積み、飲食店をコンサルしてきた戸門慶が、2011年に設立した(設立時の社名はポケットメニュー)。これまでLINEや三越伊勢丹イノベーションズが出資しており、2015年に設立された500 Startups Japanが最初期に出資した会社でもある。

サービス内容としては、東京・京都・横浜・大阪などから厳選されたレストランの予約などを行える。ユーザー側はメールに対応していない店舗への予約やキャンセル、空席ができた際の通知を一気通貫で済ませることができる。予約時に事前決済が行われるため、店舗側は予約キャンセルによるリスクを抑えることができるのがメリットだ。

アメックス.Incの広報担当は、今回の発表について、「私たちは様々なサービスを提供していますが、お客様に素晴らしい顧客体験の提供を目標とするサービス会社だと自認しています。ポケットコンシェルジュがもつレストランのネットワークは、その一つであるダイニング・アクセスをより拡充させることができると考え、今回の決定に至りました」とコメントした。

米アメックスが評価しているのは、ポケットコンシェルジュが独自に保有する通常では予約が困難な高級レストランのネットワークだ。

ポケットコンシェルジュは日本の富裕層はもちろん、インバウンド増加に伴い訪日外国人にも多く利用されている。その点も評価して、米アメックスが完全子会社化することを決定したのではないか。

なお、ポケットコンシェルジュは引き続きサービスの継続を予定している。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網