戻る


巨人 2・3に球団史上最速実戦 原監督「ヤングオールスターズでやるよ」

クラブハウスに姿を現した原監督(撮影・白鳥 佳樹)

写真拡大

 巨人は16日、川崎市のジャイアンツ球場で2月のキャンプに向けたコーチ会議を開き、原監督が「3日に1軍、ファームの中で若手中心の紅白戦をやります」と明かした。球団史上最速の2月3日の紅白戦からサバイバルレースが幕を開ける。

 会議を終えた指揮官の表情は希望に満ちあふれていた。「1軍のメンバーと、ファームのメンバー。ヤングオールスターズで(試合を)やるよ」。7イニングを想定。キャンプ3日目の最速実施に、明確な理由を説明した。

 「今の選手たちは仕上がりが非常に早い。全体を見ておきたいし、把握する。非常に興味がある。腕試しをしてもらう」。4年ぶり3度目の復帰。現有戦力を把握するために、昨秋の秋季キャンプから継続して実戦を取り入れている。首脳陣が戦力を把握できるだけでなく、選手もアピールの舞台になる。

 宮崎では同じ敷地内で1、2軍がキャンプを張る。実戦の結果次第では入れ替えも可能で、選手の緊張感を保てる。さらに10、11日には主力も出場予定の紅白戦を行う。13日からは沖縄に移動するが「そこのメンバーの時には、また(1、2軍は)再編という形になる」と位置付けた。

 今オフは丸、炭谷をFAで獲得するなど大型補強に目がいくが、若手の底上げなしにチーム力の強化は図れない。「競争の春」は2月3日、キャンプ初の日曜日で多くの観衆が予想される宮崎から始まる。 (川手 達矢)

 ○…ドラフト1位左腕・高橋(八戸学院大)が新人合同自主トレで初のブルペン入り。捕手を立たせたまま、2段モーションで20球を投げた。「まだそんなに力を入れていない。強いボールより体重移動、バランスを意識した」。視察した宮本投手総合コーチは「生きのいいボールを見せてもらった。ハートがくぎ付けだよ。たまんない。ほれちゃうね」と大絶賛。自主トレが順調ならキャンプは1軍スタートとなる見込みだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網