戻る


愛の言葉でも、キスでもない…。男子の「最上級の愛情表現」3つ

愛の言葉やキスだけが愛情表現ではありません。そもそも日本男児は愛情表現が苦手なもの。

時にはどんな言葉にも勝る、男子なりの愛情表現があるようです。

男子の「最大級の愛情表現」っていったいどんなもの?確認しておきましょう。

一緒にいる未来の話をする

「口数が多くない私の彼氏。好きという言葉は数えるほどしかもらったことがありませんが、将来の理想の家庭について時折話題にしてくれます。彼の将来には私がいるんだなということが理解できるため、愛の言葉はなくとも不安になってことはありません。彼なりの最大限の愛情表現だと思っています」(26歳/公務員)

長続きするカップルの間では、結婚式の話や2人の子どもの話、将来の展望など、2人のこれからの話をしている場合が多いよう。

何気ない会話から2人の未来を考えていることが感じ取ることができるのではないでしょうか。愛情の深さを感じることができる、最大限の愛情表現です。

そんな時は、同じように自分も将来の話をしてみると、彼にも愛情が伝わるかもしれません。

友人みんなに紹介してくれる

「友だちグループでの付き合いの多い彼。グループ内には女性もいて、不安に思う場面もありました。そんな私の気持ちを察してくれたのか、集まりに私を参加させ、友だちに紹介してくれました。みんなの公認の仲になれ、今では一緒に参加するくらい仲良くなれました」(25歳/看護師)

男性が友だちに紹介するということは、本命の彼女である証。将来のことも考えているからこそ、大事な友だちに紹介しようという気持ちになるという男性意見もありました。

彼の友だちに認められる女性であることも重要となるため、紹介される際は気を引き締めておきましょう。

友だちへの紹介も、彼の真剣な気持ちを感じられる一種の愛情表現です。

興味がなくても全面的に合わせてくれる

「無駄な連絡は嫌いな彼とできるだけ連絡を取ってほしい私。文句を言いつつも、毎日マメに連絡をくれていることに愛情を感じています。そっけない内容でも、私にとってはうれしい連絡。私に合わせてくれている彼に感謝です」(27歳/受付)

毎日の連絡や女子の買い物デートなど、当たり前になっているあれこれ。全面的に彼女の意向に合わせたものだったということはありませんか?

興味のないことにも全面的に付き合ってくれるのは、彼女と一緒にいたいという気持ちの表れ。

これも男性なりの十分な愛情表現です。さりげなく感謝の気持ちを伝えられると良いですね♡

彼の愛情表現をしっかりと受け止めて

愛の言葉が欲しい!なんて文句を言う前に、彼の愛情を感じる言動を一度振り返ってみませんか?

当たり前に感じていた彼の言動、実は最大限の愛情表現が隠されているかもしれません。

彼なりの愛情表現をしっかりと受け止めることも、恋愛を長く続ける秘訣なのではないでしょうか。

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網