戻る


医師が教える、食中毒と「おなかの風邪」の症状と見分け方は?

image via shutterstock

普通の風邪やインフルエンザ、食あたりに至るまで、冬にありがちな病気は結構多いもの。身体にそんな問題を引き起こす原因はさまざまです。

吐いたりトイレに駆け込んだりしたら、何が原因なのかと思うかもしれませんね。食中毒とおなかの風邪(胃腸風邪、ウイルス性胃腸炎、感染性胃腸炎ともいう)は、どちらもそうした症状の原因になります。

今回は、食中毒とお腹の風邪(ウイルス性胃腸炎)の症状と見分け方を、医師が説明します。

基礎編「食中毒とおなかの風邪(ウイルス性胃腸炎)の違い」についてはこちらの記事を。

食中毒とおなかの風邪の症状

image via shutterstock

食中毒とおなかの風邪の症状はとてもよく似ているため、どちらなのか判断しにくい場合があります。

食中毒の症状

image via shutterstock
  • 胃の不快感
  • 胃けいれん
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発熱

おなかの風邪の症状

image via shutterstock
  • 下痢
  • 胃の痛みとけいれん
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • ときには発熱
  • 疲労感
  • 極度の喉の渇き(脱水状態の場合)
  • 頭のフラつき
  • 頭痛または身体の痛み

食中毒とおなかの風邪の見分け方

image via shutterstock

吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、低めの発熱はどちらもあります」と話すのは、アメリカの有名な非営利医療機関、クリーブランド・クリニックの胃腸病専門医、クリスティン・リーさん。

でも、おなかの風邪では吐き気と嘔吐、食中毒では下痢になることが多いようです。

ノースウェスタン・メモリアル病院(イリノイ州シカゴ)の消化器センター医長、スティーブン・ハナウアーさんは、「細菌性の食中毒は、小腸ではなく大腸の方に影響が出ますから、それが症状の違いになっています」と言います。症状の開始時期と持続期間にも注意するとよいそう。

食中毒は普通、急速に現れ(たいていは汚染された食べ物を取ってから数時間後)、「1〜3日しか続かないはずです」(ハナウアーさん)。

反対におなかの風邪は、ウイルスが“宿主”(つまり、あなた)に感染する時間が必要ですから、一般的にもっとゆっくり始まります(おおよそ1、2日)。「その後3〜10日、症状が続きます」(リーさん)。

疲れたおなかには、やさしいものを

自家製ココナッツミルクヨーグルトを使ったパンプキンムースの作り方

からだポカポカ。冬のホームパーティで喜ばれる「フレンチ薬膳」

Emily Shiffer/Do You Have Food Poisoning or the Stomach Flu? Here’s How to Tell
訳/STELLA MEDIX Ltd.

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網