戻る


韓国公取委 「虚偽広告」で日産を検察に告発=課徴金も

【世宗聯合ニュース】韓国公正取引委員会は16日、燃費と排ガス認証に関する虚偽広告があったとして、韓国日産と親会社の日産自動車(横浜市)を表示広告法違反の容疑で検察に告発すると発表した。また、両社に是正と総額9億ウォン(約8700万円)の課徴金支払いを命じる決定を下した。

 調査結果によると、韓国日産はセダン「インフィニティQ50 2.2d」の燃費をカタログなどで1リットル当たり15.1キロと表示。日本の日産から受け取った試験成績書上の実際の燃費は1リットル当たり14.6キロだったが、韓国日産がこれを改ざんして関係当局の承認を受けたことが判明した。これは産業通商資源部と国土交通部により摘発された。

 インフィニティQ50 2.2dは韓国で2014年2〜11月に2040台、686億ウォン相当が販売された。

 また、両社はスポーツタイプ多目的車(SUV)「キャシュカイ」ディーゼル仕様車について、欧州連合(EU)の排ガス基準「ユーロ6」を満たしていると宣伝したが、環境部の16年の調査で、排ガス再循環装置を不正に操作して認証を受けていたことが明らかになった。同基準を満たす車は韓国で環境改善負担金が免除される。

 公取委は、道路走行試験で窒素酸化物の排出量が認証基準の20.8倍に達したことなどを挙げ、虚偽広告があったと判断した。キャシュカイのディーゼル仕様車は15年11月から16年6月にかけ824台、214億ウォン相当が販売された。

 公取委は、課徴金9億ウォンのうち排ガス関連の課徴金である2億1000万ウォンについては両社が負担するよう命じた。日本の日産の資料を土台に韓国日産が宣伝を行ったことを考慮した。残りは韓国日産が納付義務を負う。

 公取委は前日の15日、表示広告法違反で韓国トヨタ自動車に課徴金8億1700万ウォンの納付を命じたと発表した。日本の自動車メーカーに相次いで制裁を科したことを巡り、公取委は「一緒に委員会に上程されただけで、関連性はない」と説明している。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網