戻る


深田恭子、不動産会社会長との交際報道当日にお泊り密会

杉本氏が待つハイヤーにスタッフにガードされ乗り込む深田

写真拡大

 1月7日の夜、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の収録が東京郊外で行われていた。ヒロイン役の深田恭子(36才)は、撮影の合間、少しでも時間ができるとスマホを取り出し、人目を避けるようにしてメッセージを打ち込んでいる。かと思うと、時計を見上げ、目を伏せる。誰かを待たせているのか、時間が気になって仕方がないようだ。

【スクープ写真】深キョンはお相手社長と車内で密着し…

 収録が終わったのは夜も更けてから。スタッフに挨拶を済ませると、深田は慌ただしく車に乗り込んだ。車は一路、都心へ。そして深夜2時、東京・西麻布で車を降りた深田は、慣れた足取りで隠れ家バーへと入っていった──。

 この日、深田の熱愛がスポーツ紙で報じられていた。お相手は、不動産会社・シーラホールディングス会長の杉本宏之氏(41才)だ。この報道を受け、取材を受けた杉本氏は「プライベートなことはお答えできない」と回答。一方、深田の所属事務所は「食事は一緒にしたことがあるが、それ以上の関係はない」と“熱愛”を否定した。

「久しぶりの大物熱愛ニュースかと報道陣は色めき立ったのですが、事務所が即座に否定したので、“フライング報道”という声も出ました。こうした場合、双方が“プライベートのことなので”または“友人のひとり”などと、回答を揃えることはよくありますが、ここまで違う対応は珍しい。回答が異なるのは、双方の気持ちに“温度差がある”からでしょう。起業家である杉本氏が、話題作りのために“やらせ交際報道”を仕掛けたのではないかという声もあがりました」(芸能記者)

 深田にとっては知り合いのひとり、杉本氏にとっては恋人のつもり――そうした気持ちのすれ違いかと思われたが、しかしこの日、収録を終えて深田が向かったバーで、彼女の到着を待ちわびていたのは、その杉本氏だった。

 深田が店に入ってから1時間ほどすると、ふたり揃ってバーを出た。身長180cmほどの杉本氏と並ぶと、163cmの深田がかなり小柄に見える。

 ふたりは当たり前のように同じハイヤーに乗り込んだ。杉本氏の腕には、毛皮のようなものが抱かれているが、それは、深田の愛犬、トイプードルのメロンパンナちゃんだった。犬もすっかり気を許しているのか、嫌がる素振りなどを一切見せない。ふたりを乗せた車は、深田のマンションへ。

「深夜にごめんなさい!」

 深田はコンシェルジュに笑顔で挨拶し、杉本氏とエントランスをくぐった。翌朝、杉本氏は深田の部屋を出ると、そのまま会社へと向かっていった。

◆出会った当初は互いに別の恋人

 出会いは昨年秋のことだったと、深田の友人は明かす。

「共通の知人からお互い紹介されたそうです。その後も、たまたま行きつけのお店で出会ったり、ハロウィンパーティーで再会したりと偶然の出会いが何回か続き、友人を交えて食事に行くようになったそうです」

 その頃、深田には恋人がいた。亀梨和也(32才)だ。昨年11月1日、深田の誕生日前日に女性セブンは深田と亀梨が知人たちと食事をする姿を目撃している。しかし、このときすでに、深田の心には変化の兆しが見えていたという。

「誕生日は深田さんが杉本さんと出会って間もない頃でした。もう気持ちは揺れていたと思います。そもそも夏前から、亀梨くんとは家族のような関係になっていて、“全然恋人同士という感じではないんだ…”と漏らしていたこともありました。深田さんは杉本さんや友人たちとも誕生会をしていましたが、とてもうれしそうでした」(前出・深田の友人)

 深田の心を揺らした杉本氏とはどういった人物なのか。

 杉本氏は茨城県生まれ。父親は不動産業を営んでいたが、杉本氏が生まれた年に会社が倒産し、極貧生活を強いられるようになった。13才のときに母が病死。以後、一人っ子の杉本氏は、父親の受ける生活保護を頼りに暮らすことに。

 奨学金を頼りに高校、専門学校へと進み、そこで手に入れた宅地建物取引士(宅建)の資格をもとに不動産業界へと入った。

 ハングリー精神でワンルームマンションの販売会社に飛び込んだ杉本氏はメキメキと頭角を現し、瞬く間にトップセールスマンに。そして2001年、24才で起業。2005年に上場させ、当時の不動産業界で史上最短、最年少での上場記録を作った。一方で地獄も味わった。最初に起業した会社は400億円近い負債を抱えて2009年に倒産。杉本氏自身も自己破産し、一文無しとなったが、翌年には今の会社を設立、グループ全体で売上高が200億円に迫る企業へと育て上げた。

「若い頃は地元の不良グループにいたこともあって、やんちゃな面もあるが、義理人情に厚い。エリート社長というより叩き上げの苦労人社長ですよ。堀江貴文さんやサイバーエージェントの藤田晋さんからも信頼されており、ZOZOの前澤友作社長とは、プライベートを含め親しい。若手起業家の中でも人望があります」(杉本氏の知人)

 プライベートも波瀾万丈。杉本氏には2度の離婚歴があり、娘もいる。

「最初の奥さんとの間には12才の娘さんもいます。娘さんとは今もよく会っています。2度目の奥さんは韓国人女優でしたが、彼女が母国でビジネスをしたがったことが原因で約2年ほど前から別居状態でした。離婚協議を続けていましたが、昨年の11月に離婚が成立しています。ただ深田さんと出会った頃、杉本さんには、1年ほど交際していた恋人がいました。北海道との遠距離恋愛でしたね」(前出・杉本氏の知人)

 杉本氏にも別の恋人がいたのだ。しかし、出会ってからふたりの仲が交際に発展するまで時間はかからなかった。

「出会ってすぐに杉本さんから自己紹介された深田さんは“近づいちゃいけない人だ〜”と言っていました。バツ2で子持ち、おまけに彼女もいて、過去に倒産もしていることもはじめから隠さず話していましたから。お互い恋人もいたし、つきあおうなんて思っていなかったはず。でも2回、3回と会う中で、急速に仲よくなっていった。深田さんが“好きになっちゃったかも…”と言いはじめたのは、出会って1か月もたたない頃だったと思います。それからお互いにケジメをつけてつきあおうという話になったんです」(ふたりの知人)

 その後、2人は元の恋人と別れ、交際することになったという。

※女性セブン2019年1月31日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網