戻る


2019年缶入りワインブームの予感?ボトルワインがお店から消えてなくなるかも…

2019年缶入りワインブームの予感?ボトルワインがお店から消えてなくなるかも…

写真拡大

「ワインはボトルで買うもの」と思い込んでいる人はいませんか? ところが今、アメリカでは缶入りのワインがじわじわと人気を集めています。
 缶専門ブランドが次々登場し、販売店の陳列棚を占拠しつつあるというから驚き! 2019年、常識をくつがえす缶入りワインブームがアメリカを中心に巻き起こりそうです。

◆あのコンビニ大手も缶ワインビジネスに参入
 数年前からアメリカの酒屋やスーパーマーケットなどで見かけるようになった缶ワイン。『フォーブス Forbes』によると、北米ではここ数年で缶ワイン需要が急上昇中なのだとか。

 缶タイプが支持される理由は、「ボトルに比べて軽くて持ち運びが楽ちん」「スタジアムや公園など瓶の持ち込みが禁止されている施設でも利用可能」「ワインオープナーが不要で開けるのが簡単」「少量だから飲み残しの心配がない」など、より手軽にワインを楽しめるところにあるようです。
 アメリカではブームに乗って缶ワイン会社が続々と創業され、2018年12月にはあの米セブンイレブンまでもが缶ワインビジネスに参入。自社ブランド「ローマー Roamer」を立ち上げ、白とロゼ2種類の缶ワインを販売し始めました。

 昨年から缶ワイン販売を始めた「ワインソサエティ」CEOのアンジェラ・アリソン氏は『フォーブス Forbes』の取材に対し、「缶ワインがボトルワインに取って代わる可能性は大いに有り得る」と自信満々。

 実際、スーパーマーケットでは買い物客の目線の高さ、陳列棚の一番目立つスペースに缶ワインを並べ、目玉商品として売り出し中。缶ワインを取り扱うレストランも増えているといいます。

◆環境に優しく高品質な缶ワインにアメリカの若者が夢中
 一般的に「ビールよりもワインを好む」という調査結果が出ているアメリカの若者たちは、肩ヒジ張らずカジュアルに楽しめるワインを探していたようで、『デイリー・メールDaily Mail』よると、缶ワインは特に20〜30代の若者層に受けているそう。

 この世代はゴミ問題など環境意識も高めで、最も再利用されている飲料容器がアルミ缶であることにも好感を持っているようです(69%の缶が再利用されているのに対し、瓶は46%、プラスチック製ボトルは43%)。

 しかし、いくら環境に良くて手軽でも、美味しくなければ意味がありませんよね。

 その点、遮光性があり密閉性も高いアルミ缶は、ボトルよりもワインの劣化を防ぎやすく、風味を長持ちさせる効果もあるというから安心です。事実、ワイン通たちからの評価も高いといいます。
 昨秋、マーケティング会社Sopexaが業界関係者を対象に行った調査「ワイントレードモニター Wine Trade Monitor」では、北米の関係者40%以上がボックスや缶入りワインなどボトル以外の需要が伸びてきていると答えたそう。

 日本ではまだまだボトルワインの人気が根強いのが現状ですが、ハーフボトル以下の小さめのサイズが好まれる傾向が強いそうですから、グラス1〜2杯の容量で購入可能な缶ワイン人気に火がつく日も近そうです。

 飲む側にだけでなく地球にも優しく、美味しい缶ワイン。日本でも既に購入可能なので、あなたも試してみては?

Sources
「Forbes」https://www.forbes.com/sites/jeanettehurt/2018/12/16/expect-to-see-canned-wine-almost-everywhere-in-2019/#2e11ed887eaa
「Daily Mail」https://www.dailymail.co.uk/femail/food/article-6504431/Canned-wine-big-drinks-trend-2019.html
「Sopexa」https://sopexa.com/en/news/sopexa-presents-its-wine-trade-monitor-2018/

<文/アメリカ在住・橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。
ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網