戻る


フェイスブック株を手放すべき「最大の理由」

フェイスブック株を手放すべき「最大の理由」

写真拡大

管理職が部下にスコアを付ける「スタックランキング制度」に基づき、評価の低い下位10%の従業員を解雇するというのは、ひどい考え方だ。マイクロソフトもヤフーも以前、この制度を導入して失敗した。

そして、フェイスブックが現在、同様の制度を採用したことによる”代償”を支払っている。最近の同社の株価は、昨年7月につけた最高値からおよそ34%下落。時価総額をおよそ2100億ドル減らしている。

また、米CNBCが先ごろ伝えたところによれば、求人サイト「グラスドア」(従業員が匿名で勤務先を評価した結果も公開)の評価でフェイスブックは昨年、「米国で最も働きたい企業のトップから7位にランクを下げた」。

企業トップが持つ力

企業のリーダーたちは社内の文化を築くことなどを通じて、職場での従業員の態度に影響力を及ぼすことができる。だが、文化を構築すると同時に従業員の業績評価の方法も決めることができるリーダーの力は、企業をおかしな方向に進ませることがある。

例えば、リーダーは素晴らしい価値観を明確に打ち出す一方で、それとは矛盾した従業員の行動に報いることもできる。2001年に経営破綻した米エネルギー・通信企業エンロンでは、経営トップによるそうした行動があった。尊重することの価値を主張する一方で、自ら非難した無慈悲で無神経な態度を取っていた。

フェイスブックにも同様に、社内の文化と従業員の業績を評価する方法の間に食い違いがある。そこにはエンロンのような偽善はないものの、最高経営責任者(CEO)であるマーク・ザッカーバーグの歪んだ価値観が示されている。

従業員を束縛する評価システム

ザッカーバーグは人を管理する能力が不足しており、そのため最高執行責任者(COO)として、「本当の自分」を大切にすることを訴えるシェリル・サンドバーグを招いたとされる。CNBCはそのサンドバーグについて、次のように伝えている。

CNBCによると、フェイスブックの従業員の業績評価を監督してきたサンドバーグは、従業員がたとえ憂うつな気持ちで働いていたとしても、フェイスブックで働くことの全てが素晴らしいと思っているように振る舞うことを強要していたという。

フェイスブックの文化と業績評価システムは、健康的な生活を維持したい優秀な人材を失うことにつながっている。CNBCによれば、同社の従業員は自社の文化を「カルト的」だと考えている。反対意見を述べることが難しく、いつでも仕事に満足しているふりをしなければならないためだ。

フェイスブックは年に2回行うスタックランキングに基づいた業績評価システムの下で、下位15%に入った従業員を解雇している。これについてCNBCは、同社は「長期的にはユーザー経験やプライバシーに悪影響を及ぼすことになる可能性について十分に考慮することなく、ユーザーのエンゲージメントを促進することにつながった製品や機能に報酬を与えている」と報じている。

フェイスブックは「ピア・レビュー(相互評価)」システムも採用している。従業員が自身の業績について半年に一度、同僚5〜6人からフィードバックを受けるというものだ。だが、CNBCによるとこのシステムは従業員たちに対し、「自分のキャリアアップのために、同僚と友好的な関係を築くことを強いている」。

シリコンバレーは従来、世界の最も優れた才能を引き付けてきた。そして、最高の人材は最も大きな可能性を持った企業で働きたいと考える──そう考えられている企業は、もはやフェイスブックではない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網