戻る


【浮気】信じられない!?「子持ち不倫妻」の生活実態

【浮気】信じられない!?「子持ち不倫妻」の生活実態

写真拡大

「子持ちで不倫している妻」と聞くと、「どうやってそんな時間を作っているの?」など、素朴な疑問がありませんか?育児や家事、仕事などで忙しいのにさらに不倫もできちゃうなんて、何か秘密があるのでしょうか。

【実録】“恋愛は家庭の外で”。「仮面夫婦」を続ける妻の葛藤

実際に子持ちで不倫を楽しんでいる妻に話を聞いてみると、「時短」で自由に過ごせるときを捻出していることがわかりました。

今回は、専業主婦のAさん(32歳)とパートで仕事をしているBさん(35歳)の例を元に、実態についてご紹介します。

1.不倫相手と会う時間は、「平日の昼間」が圧倒的!

Aさん:「彼は一般的なサラリーマンで、会うのは彼が平日の午後に有給を取ってくれたときとか、外回りが終わったタイミングです。休日はお互い家族がいるので、出ていく時間がないですね」

Bさん:「彼の勤務が不規則で、会えるのはいつも平日。私の休みも平日なので、彼のシフトになるべく合わせるようにしています。土日は彼が仕事で私も家族と過ごすので、ちょうど良いですね」

夫も仕事中で、子どももいない平日の午後が不倫相手と会うために使える時間。

フルタイム勤務でないパートなら、仕事の前や終わった後でも会う時間を作れるので、都合がいいそうです。

「休日は会えないから平日に集中する」のがふたりの共通の意見でした。

2.買い物はネットスーパーで時間を節約

Aさん:「夫には『専業主婦なんだから買い物くらい行けよ』と言われるけど、ネットスーパーの特売のほうが安い日がある、で押し通しています。買い物に行く時間が一番もったいない!」

Bさん:「ネットスーパーって、配達の時間を指定できるのが便利。夫が帰宅する前に受け取って、ネットで注文したことは黙っています」

日々の買い物って、移動からスーパーを回る手間から、結構時間がかかるもの。「買い物に時間をかけている間に家事のひとつでも済ませて彼に早く会いたい」のがふたりの本音で、いくつかのネットスーパーに登録して彼と会う日によって使い分けているそうです。

今はスマホからも気軽に注文できるところが多いので、外出中でも使えるのは心強い味方。

3.スキンケアはオールインワンタイプ、メイクはBBクリームなどで時短

Aさん:「彼から突然『今から会えない?』と誘われることもあるので、普段からBBクリームでさっと下地を作っています。お粉とアイシャドウを足すだけで出ていけるし、いつでも動けるようにメイクに時間はかけません」

Bさん:「彼からいつも綺麗だねと言われたいけど、仕事もして家事や育児もあるとスキンケアにかける時間や高い化粧品を買えなくて……。でも、今は安くても質の良いオールインワンゲルが多くて、それに部分用のケア用品を足して乗り切っていますね」

彼の前ではいつも美しくありたいけど、時間もお金もかけられないのが現実。また、すっぴんで過ごしていたら突然彼からの誘いが、なんてときもあり、メイクは手早く済ませるのがふたりの鉄則です。

Bさんいわく、「時短系のアイテムに詳しくなった」のはいいこと?

4.食事は「作りおき」に頼る

Aさん:「専業主婦なので、食事に手抜きはできません。でも、ギリギリまで彼と会っていたいので、普段からこっそり作りおきを冷凍していて帰宅したらすぐ出せるようにしています。作りおきだってバレたことはないですね」

Bさん:「彼と会うときは晩ごはんもお惣菜で済ませたいけど、いつもそうだと疑われそうなので作りおきをリメイクしてごまかしています。一から作るより早いし疲れません」

一秒でも長く彼と過ごすためには、晩ごはんだって時短が勝負。そのまま出せたり手を加えて新しいものにしたりできる作りおきは、そんな彼女たちにとって欠かせないものです。

二人とも「彼に会えない休日の空いた時間にまとめて作る」ことが日常なのだそう。

5.産後のたるんだボディは「ながら運動」で引き締める

Aさん:「本当はジムに通いたいけど難しいので、夫がいないときに踏み台昇降運動とかスクワットとか、テレビを見ながらできることをしています。『ウォーキングに行く』と言って出ればこっそり彼と電話できるし」

Bさん:「パートもあって忙しいので、歯磨きしながら片足立ちとかお皿を洗いながら踵を上げるとか、『ながら運動』で少しでも動くようにしています。ひとりのときは腕立て伏せもするけど、やっぱり下半身の引き締めを意識しちゃいますね」

「本当はもっと運動したいけど、夫に怪しまれるのがイヤ」と二人とも口にしていました。極端なことをすると不審を買うので、自分なりにできることを頑張っているそう。

体型のことは常に気にしていて、服も「ファストファッションで似合うものを厳選する」などお金をかけなくても彼の前で美しくあるための努力は惜しまないようです。

不倫は人の道に外れることです。それがわかっていても、彼女たちは「夫以外の男性」のためにあれこれ工夫することに迷いがありません。

こんな努力ができるなら、相手を夫にすれば良いのにと思いますが、その「情熱」の結末は彼女たちが責任を負うこと。覚悟があってこその頑張りですが、果たして本当に前向きなことと言えるのでしょうか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網