戻る


ネット婚活にいる「条件良すぎな男性」、どう見極めるのが正解?|平成中に結婚相手を見つけるために

ネット婚活にいる「条件良すぎな男性」、どう見極めるのが正解?|平成中に結婚相手を見つけるために

写真拡大

 アラフォー婚活ブロガーのRikakoです。平成中に結婚相手を見つけるための方法として、前回は早い段階での結婚相談所の入会をおすすめしました。

 しかし、結婚相談所では真っ先に年齢でジャッジされるため、アラフォー以上の女性は理想の男性とお見合いできる可能性がとても低いです。そこで結婚相談所の活動と並行して行いたいのがネット婚活です。

◆ネット婚活が最も理想の相手と出会いやすい!
 婚活サイトや婚活アプリを活用して、結婚相手を探すネット婚活。会員数が多いところに入会すれば、アラフォーでも多数の異性と出会うことができます。私は昨年、婚活アプリでしばらく活動していましたが、100人以上の男性からアプローチがありました。

 結婚相談所ではアラフィフ男性からしか申し込みがありませんでしたが、婚活アプリでは同年代男性からのアプローチがほとんどでした。中には、高収入&イケメンとかなり条件の良い男性も複数いたのです!

 ネット婚活は、結婚相談所では決して出会うことができないような、魅力的な男性と簡単に出会えてしまうのがメリット。ただし、中には既婚者や遊び目的も潜んでいるというリスクもあります。

◆条件の良い男性に惑わされないことが大切!
 もし、私が結婚相談所に入る前にネット婚活を始めていたら、条件の良い男性たちからのアプローチに有頂天になっていたと思います。しかし、結婚相談所では同年代男性とはほとんどお見合いが成立しないという現状を目の当たりにすると、ネット婚活で条件のいい男性からアプローチが来ても、冷静になることができます。

 マッチング後すぐにLINE交換を促してきたり、会おうとしてくる人は遊び目的の可能性あり。すぐに会わずに、1週間くらいメッセージをやり取りして、信用できる相手なのかどうかじっくり見極めることが大切です。

 しかし、メッセージはまともそうだったのに、実際に会うとトンデモ男だったというケースも多々あります。例えば、私が昨年婚活アプリで知り合った同年代の開業医は自身のモラハラが原因で離婚したとカミングアウトしてきました。離婚後に家政婦を雇ったものの、掃除の仕方が気に入らずにすぐにクビにした。いきなり初回でそんな話をされてドン引きでした。

 条件のいい男性ほど若いうちに結婚する傾向にありますから、アラフォー以上で独身のハイスペックは何かしら問題がある可能性あり。それを念頭に入れて、目先の条件に惑わされないことが賢い婚活法だと思います。

◆ネット婚活だと年下男性を狙えることも!
 結婚相談所で年下男性とお見合いが成立する可能性はとても低いです。しかし、ネット婚活では、年下男性とマッチングすることも結構あります。私の周りにはアラフォーで年下男性と結婚した女性が数人いるのですが、全員婚活アプリで出会ったと言っていました。

 ただし、年下のイケメンorハイスペックを狙うのはかなり難易度が高いです。最悪、遊ばれて終わるパターンになりがち。

 年下男性と結婚した私の知人も、相手の年収は自分と同等、もしくは自分よりも低いというケースでした。どうしても年下男性と結婚したいなら、相手のスペックを高望みしないことが重要です。

◆結婚前提で交際スタートさせるのが結婚の近道!
 ネット婚活では、マッチング後すぐに会おうとしてくる人は排除して、メッセージのやり取り開始から約1〜2週間程度で実際に会うのが理想的な流れです。意気投合すれば、トントン拍子に進展して、3回目のデートで交際スタートも夢ではありません。

 上手くいけば、ネット婚活を始めて1ヶ月以内で恋人ができる可能性もあるのです。しかし、ネット婚活は結婚相談所のように、全員に結婚願望があるわけではありません。中には、まだ結婚するつもりはないけど、とりあえず彼女が欲しくて登録している人もいます。そのため、交際前に必ず相手に結婚願望があるかどうか確認しておきましょう。

 できれば、交際スタートの際に「結婚前提」であることを条件にするのが望ましいです。結婚前提で交際がスタートすれば1年以内、ひょっとすると平成のうちにスピード婚できるかもしれません。

―平成中に結婚相手を見つけるために vol.2―

<文/Rikako>

【Rikako】
アラフォーの婚活ブロガー。結婚相談所から婚活アプリまで、ありとあらゆる婚活を経験。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網