戻る


コンサート会場で60人以上の手配犯を顔認証で逮捕=中国

監視カメラの威力はスゴい

写真拡大

 中国では昨年1年間で、香港の人気歌手のコンサートを見に来た犯罪容疑者や指名手配犯が60人以上も逮捕されていたことが明らかになった。地元警察が会場に設置された監視カメラの顔認証システムを用いて、容疑者らを割り出し、捜査員が会場で身柄を確保するというもの。当局による社会の監視体制の強化を表す笑えない実例として、大きな話題になっている。

 ネット上では、「中国には1億7000万台もの監視カメラが作動しており、まさに牢獄にいるのと変わらない」などのコメントが書き込まれている。

 この香港の人気歌手は張学友(ジャッキー・チュン)。アンディ・ラウ(劉徳華)やアーロン・クオック(郭富城)、レオン・ライ(黎明)とともに香港の人気歌手の「4大天王」と呼ばれ、「歌神」の称号を持つ。

 歌ばかりでなく、デビュー直後から俳優としても活動。1989年には『いますぐ抱きしめたい』で香港電影金像奨最優秀助演男優賞、1990年には『スウォーズマン/剣士列伝』で金馬奨最優秀助演男優賞を受賞するなど、俳優としての実力も認められている。

 香港のスーパースターで、中国本土でも人気が高く、昨年はほぼ毎週のようにコンサートを開催している。

 ジャッキー・チュン見たさに、コンサートに指名手配犯も現れるほどの人気だ。1回のコンサートでは、観客が5万人も訪れるとあって、手配犯らも「自分一人くらい隠れていても、見つからないだろう」と思って、コンサートを見に来るようだ。ところが、最近の中国の監視カメラの顔認証技術は非常に向上しており、個人の特定能力が極めて高い。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、昨年12月に広州市で逮捕された1人は警察の調べに対して「ほかの指名手配犯も逮捕されたという噂は聞いていた。危ないとは思っていたが、コンサートが見たかった」と供述しているという。

 ネット上では「ジャッキー・チュンは警察の手先になっている。だが、それを拒めば、中国での活動ができなくなり、痛し痒しだろう。最終的にお上には逆らえないようにできているのだ。この話が広まって、一般の人もコンサートに行かなくなって、人気が低下したら、気の毒だな」との書き込みも出ている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網