戻る


誰がどう決めるのか? “平成”担当者が明かす「元号」誕生の舞台裏

平成最後の新年での一般参賀

写真拡大

 伊勢神宮に参拝した安倍首相が新元号の発表時期に言及したのは、さる4日だった。

「党内外の保守派は一貫して『新元号は新天皇の即位後に公布すべきだ』と主張してきましたが、最終的には総理が、国民生活への影響を考慮して押し切った格好です」(政治部記者)

 もっとも、万事平らかとはいかないようで、皇室制度に詳しい所功・京都産業大学名誉教授は、

「新元号が閣議決定された後、政令に今上天皇の署名を求めるのは不可解です。40年前(昭和54年)に定められた元号法に『元号は、皇位の継承があった場合に限り改める』とありますから、5月1日に新天皇が新元号の政令に署名なさるのは当然のことです」

 そう指摘しつつ、

「4月1日に新元号を“内定案”として予告発表し、5月1日に新天皇の署名を頂き正式に公布すればよいのです」

平成最後の新年での一般参賀

 とはいえ、ようやく新元号の土台が固まったわけである。

 同じ1979年に定められた「元号選定手続について」によれば、元号は「漢字2字」「書きやすい」「読みやすい」「俗用されていない」などの6条件が求められている。歴史を遡れば菅原道真の末裔である「菅原家」が制定作業に長らく携わってきた時代もあったというが、では現代において元号は、いかなるプロセスを辿って決定するのだろうか。

 さきの所氏は、

「元号法ができて以来、政府は『明日にでも新元号を発表できるように』と常に準備しています。その原案は漢文学、国文学、歴史学者など複数の碩学に依頼しており、作業は内密に進められています。ただ、元号は縁起物とも考えられて、物故者の案は候補から外されます」

 平成は、東洋史が専門の山本達郎・東大名誉教授が提案して採用されたのだが、

「過去に陽明学者の安岡正篤(まさひろ)氏が候補として出されたとみられますが、昭和58年(83年)に亡くなったので外され、新たに別の出典にもとづき山本案が提出されたのです」

「私が誘導した」

 こうした学者らの案は、内閣府のさる一室で、隠し金庫のようなスペースに厳重保管されているという。85年から内閣内政審議室長として元号制定準備を担当し、学者の選定にあたっていた的場順三氏に聞くと、

「保管場所は言えません」

 としながらも、

「学者を選ぶ基準は、文化勲章受章者や文化功労者、それから日本学士院会員など、そうしたレベルの方を全国津々浦々探すのです。で、ようやく見つかったら直接お会いして『ご家族にも内密で』とお願いする。先生方が考えた案は郵送で届いたり、私が直接貰いに行ったりしていました」

 一方で昭和の末期、竹下内閣の官房副長官として制定作業に携わった石原信雄氏は、こう回想する。

「私が加わったのは、昭和天皇が大量吐血された翌日の88年9月20日の朝でした。竹下総理、小渕官房長官と私、そして的場さんが総理の執務室に会し、的場さんが『平成』『修文』『正化』という三つの候補を示し、口頭でそれぞれの意味や由来の説明があった。私は直感的に『平成が最もいいのでは』と思いましたが、その場では誰も感想を口にしなかった。ともかく、その日から翌年1月7日まで、外部に一切漏れることのないよう、細心の注意を払ったものでした」

 89年1月7日早朝、昭和天皇が崩御。直後、官邸内では「元号に関する懇談会」(元号懇)が催され、当時のNHK会長や新聞協会会長、国立大学協会会長ら8人が有識者として出席した。

「8人には秋の時点でメンバーを委嘱していましたが、陛下の容体が急変するおそれもあるので『年末年始は都内にいて下さい』と内々にお願いしていた。だから7日の朝に緊急召集をかけ、午後一番に懇談会が開催できたのです」(同)

 何より神経を使ったのは、秘密保持だった。

「会議中は、出席者がトイレに行く時も随行がつくほどでした。席上、8人に三つの候補が示され、それぞれ的場さんが解説を加えたのですが、まず小林與三次・新聞協会会長が『平成がいい』と表明し、他に5人が平成を推しました。修文と正化は1人ずつ賛成がありましたが、最終的には平成で意見がまとまり、その旨を全閣僚会議で伝えたのです」(同)

 石原氏とともに重責を担った先の的場氏によれば、当日、ある“意向”が働いていたのだという。

「イニシャルにすると明治大正昭和はM・T・S。『修文と正化はSとなり、昭和と重なるから平成がいいのでは』と、私は元号懇の場で誘導していったのです。もちろんそれ以前に、竹下さんや小渕さんとは“平成でいこう”といった暗黙の了解があったわけですが、当日、会議の場で一から議論をしていたのでは発表までに間に合わない。話をまとめた後は、メンバーから情報が漏れないように石原さんや内政室の職員を“監視役”として部屋に残し、私は国会に衆参両院の正副議長を訪ねました」

 そこでは“お任せ頂けますか”“どうぞ”とあっさり終わり、再び官邸へ。

「全閣僚会議の場でも平成で押し切り、異論がないと分かったところで臨時閣議に切り替わり、あとは花押(かおう)を書いてもらうだけ。政令は皇居に届けられ、陛下が目を通してサインされるのと前後して、14時半過ぎから小渕さんの会見が始まった。ここでようやく“軟禁状態”に置かれていた全閣僚と元号懇メンバーは解放されたわけです」(同)

 わずか半日間とはいえ、極めて濃厚な時間が流れていたのが窺える。来るべき4月1日は、果たしてどのような光景が展開されるのだろうか。

「週刊新潮」2019年1月17日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網