戻る


実はCEO向き?内向的な人に適した5つの職業

会社の同僚たちを見て、「似たような人ばかりが集まっているな」と感じたことはありませんか。

そう感じるのには、科学的な根拠があるのかも。職種によって適した人柄があるといえそうです。

1960年代、心理学者ジョン・ホランドが、パーソナリティ(性格)を6つの職種タイプに分類した図式を作成しました。

これは「ホランドの六角形」と呼ばれており、現実的、研究的、企業的、慣習的、芸術的、社会的の6つの特徴に分けられています。

「職種と性格タイプの類似性が、距離で表現されています」とペンシルベニア州立大学の心理学名誉教授、ジョン・A・ジョンソン博士は話します。

つまり、性格が似ていればこの六角形上でも距離が近く、真逆であれば六角形上でも反対側に位置づけられる、ということです。

日々の過ごし方にも、あなたの性格は少なからず関係していますよね。

結局のところ、外向的な人と内向的な人では、エネルギーの源が違うんです。外向的な人の場合は周りの人から、内向的な人は1人で過ごす時間からエネルギーをもらいますし、それぞれ活躍できる場所は異なります。

両方の性格を持ち合わせた、両向型という方もいるでしょう。

では、内向的な人に合った職種とは一体どういったものなのでしょう?

ホランドの六角形は、あなたに合ったキャリアパスを見つけるひとつの方法にすぎません。ほかにもさまざまな研究や専門家が存在するので、あなたの性格を活かせる魅力的な仕事はたくさんありますよ。

今回は、内向的な人におすすめの仕事を厳選してご紹介します。

目次

1. 建築家・建設業者

2. フリーランサー

3. 獣医師・庭師

4. 科学者・数学者・財務顧問

5. 社長・CEO

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網