戻る


なぜか、やる気がそがれる職場の共通点。上司がまず見直すべきことは?

中間管理職あるいはチームリーダーとして、一生懸命に部署を束ねているはずなのに、なぜか部下たちにやる気が見られない…こうしたことで悩んでいるビジネスパーソンは少なくないでしょう。

昔の常識は通用しない、と心得よ!

もしかして、部署の士気を上げようと「チャレンジ精神を持とう」とか「常に前を見よう、後ろを振り返るな」といった言葉を繰り出していませんか? 実はそうした言葉こそが問題かもしれません。

右肩上がりで余裕があった時代の「いわば『従来の常識』のままに接すると部下のやる気をしぼませることになってしまう」と忠告するのは、見波利幸さんです(一般社団法人日本メンタルヘルス講師認定協会代表理事)。

見波さんは、著書の『なぜか、やる気がそがれる 問題な職場』(青春出版社)で、よかれと思って発した言葉や当たり前だと思っていた考えが、いかに部署内のやる気を低下させているかを指摘します。

具体的に、どのような言動や意識が良くないのでしょうか? 本書から何例か紹介しましょう。

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網