戻る


20万円台で「ビジネスクラス世界一周」できる方法がある!?

20万円台で「ビジネスクラス世界一周」できる方法がある!?

写真拡大

 筆者は12月16日〜1月18日の34日間で、現金10万2830円と自分で貯めたマイルを使い、ビジネスクラス世界一周旅行に出発した。だがこの方法以外にも、実は20万円台で同様の旅ができる。

 ビジネスクラスで世界一周がたったの20万円台。「そんな安いわけがないだろう!」と思う人もきっと多いことだろう。しかし、やり方次第では十分可能なのだ。

◆お得価格の世界一周航空券でもビジネスクラス80万円から

 ちなみに飛行機で世界一周をする場合、「航空券を買う」「貯まったマイルで特典航空券を手に入れる」という2つの方法がある。

 前者の場合、割引価格で提供される『世界一周航空券』が便利。JALならアメリカン航空やキャセイパシフィックが加盟する「ワンワールド」、ANAならユナイテッド航空やルフトハンザドイツ航空などが参加する「スターアライアンス」、日系航空会社は加盟しておらず、デルタ航空やエールフランスなどがメンバーの「スカイチーム」といった具合に航空会社連合ごとに世界一周航空券があり、グループ各社のエアラインを乗り継ぐことで地球を一周りできるわけだ。

 価格は最短ルートであれば、燃油サーチャージや空港税などを加えて80万円前後。これでもかなりお得な料金だが、20万円台には到底及ばない。

 これに対して後者の特典航空券は、貯まったマイレージポイントを使い、多くの会社では単純往復とは別に世界一周航空券への交換も可能。ただし、通常は飛行機の搭乗をはじめ、クレジットカードなどの各種ポイントを交換するなどしてコツコツ貯めなければならない。でも、この方法だと世界一周航空券を買う以上にお金がかかってしまう。

◆ネットではマイルが買える!?

 ではどうすれば20万円台で世界一周が可能なのか。実は、オークションサイト、楽天が運営する『ラクマ』などのフリマサイト(※メルカリには出品されていない)では、JALやANAのマイレージポイントが数多く出品されている。つまり、これを買うというわけだ。

 世界一周に必要なマイレージポイントは、JALの場合で12万、ANAで10万5000円。ヤフオクを調べたところ、JALマイルだと即決価格で34万8000円、ANAだと22万2800円から購入できることが判明。これなら別払いの燃油サーチャージ、空港税などを合わせても20万円台に収る。

 あくまでオークションサイトを調べた12月中旬時点の金額だが、ANAのほうが即決価格が安いだけではなく、出品数も多かった。

 ANAの場合、10万5000マイレージポイントだと搭乗する全区間の距離が1万8000マイル以内でビジネスクラス世界一周航空券への交換が可能。最短距離でのルートになるため、訪れることができるのは日本と同緯度かそれより北の都市になるが、東京〜ニューヨーク〜ロンドン〜パリ〜東京といった人気都市を周遊することはできる。

 けど、そもそもの話として、「マイルって売買できるの?」と思う人もいるだろう。

 ANAマイレージクラブ会員規約第3章13条を読むと、《会員または指定利用者が、提供された特典をいかなる形でも第三者への譲渡をしたり、売買したり金品と交換することを禁止します》と書かれている。JALマイレージバンクの一般規約にも似たような内容が書かれているが、いずれもネット上での売買は禁止行為に抵触する可能性が高そうだ。

 しかしながら以前からマイルは売られている。購入経験がある人にも話を聞いたところ、いずれも入金から1週間ほどでマイルの加算が確認でき、特典航空券にもちゃんと交換できたとか。聞いた限りでは、詐欺などのトラブルの被害もなかったという。

 いずれにしても現時点では購入できるが、グレーゾーンであることは否めない。いずれネット売買で入手したマイレージポイントの使用を認めない可能性は十分にありうる。

 ネットでマイルを買えば、20万円台でビジネスクラス世界一周もできるが、あくまで現時点での話。リスクもあるので個人的にオススメはできず、残念だがマネをしないのが無難であるだろう。だが事実、この方法を使っている人も多いようだ。

<TEXT/高島昌俊>

【高島昌俊】
フリーライター。鉄道や飛行機をはじめ、旅モノ全般に広く精通。この冬、自分で貯めたマイルを使い、ビジネスクラス世界一周旅行旅行に旅立つ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網