戻る


コストコの12粒ベルギーチョコ『ゴディバ アソートメント』のおすすめ度は? 気になる種類や味をチェック

コストコ(Costco)で販売されている『ゴディバ アソートメント』をご存じでしょうか。

ご存じベルギーチョコの老舗ブランド、ゴディバ(GODIVA)の12粒コレクションです。コストコで見かける他のチョコアソートと比べたらお高め。まぁ、ゴディバですからね……と納得できるかと思いきや、ちょっと “らしくない” クオリティかも!?

ゴディバ アソートメント|1,598円

おすすめ度 ★★★☆☆

『ゴディバ アソートメント(GODIVA Assortment)』は1,598円(税込)。言わずと知れたベルギーチョコの人気メーカー、ゴディバ(日本事業の売却話が持ち上がっているようですが)。コストコで販売中のゴディバ商品というと、徳用アソート「マスターピース シェアリングパック」(45個・1,598円)もありますが、本品は1箱12粒入りでちょっと高級路線と言えますね。ただ、ゴディバの公式オンラインショップで販売されている同個数のアソートと比べると半額ほどなので、ゴディバブランとのチョコとしてはお得だと思われます(品質は置いておき)。

構成は6種12粒。各種類はラ ムース(1個)、ノクチューン(1個)、モカラタ(3個)、セルティ ペカン(2個)、インテンス フランボワーズ(2個)、イコニーク(3個)となっています。パッと見、あまりゴディバ的高級感が感じられないのが気になるというか。

わりと普通の品質かなぁ……

ラ ムースはチョコムースフィリングのミルクチョコ。ちょっとフワついたムースの口当たりはおいしい感じ。

ノクチューンはダークチョコのシェル&フィリングを使ったビター系。どこかフルーティな風味を感じさせるテイストで、適度な苦味がポイントですね。

モカラタは、コーヒー入りホワイトチョコクリームをフィリングに使ったもの。淡めのカフェオレ的フレーバーがポイントかな。

セルティ ペカンはペカンナッツ混じりのミルクチョコ。ペカンナッツのホロッと崩れる軽い食感と香ばしさがイイですね。

ラズベリー風味のダークチョコフィリングとパウダー状のドライラズベリーを使ったインテンス フランボワーズ。渋めの甘酸っぱさが鮮烈な一粒です(香料感強めかも)。

イコニークはヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコでコーティングしたもの。やや風味薄めのヘーゼルナッツ感でして、“それ風のミルクチョコ” といったところでしょう。刻印のマークはレディ・ゴディバ(ゴディバの名称の由来となった、11世紀英国の伯爵夫人)だそう。

*    *    *

コストコでは『ゴディバ アソートメント』を大量に並べていてアピール度は高めなのですが、mitok編集部的にはおすすめ度★3つというところ。一粒ひとつぶのルックスがやや貧相、味わいもよくあるミルクチョコテイストで、悪くはないけど、GODIVAブランドに求めるクオリティとは違うかな〜って気がします。これなら公式ショップで2倍のお値段を払ってもいいかも。以上、ちょっと厳しめの評価でした〜。

商品情報内容量|12粒カロリー|ラ ムース 80kcal、インテンス フランボワーズ 50kcal、ノクチューン 68kcal、モカラタ 66kcal、イコニーク 50kcal原産国|ベルギー輸入者|ゴディバ ジャパン原材料|砂糖、カカオマス、全粉乳、ココアバター、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツ、乳等を主要原料とする食品、転化糖、植物油脂、バターオイル、ラズベリーパウダー、バター、異性化液糖、脱脂粉乳、コーヒー、米粉、小麦粉、小麦麦芽、食塩、はちみつ、小麦グルテン、乳たんぱく、ぶどう糖、バニラパウダー/ソルビトール、乳化剤、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網