戻る


職場での男女平等は200年先 WEF、是正停滞に警鐘

米フロリダ州フォートローダーデールで、男女の賃金格差是正を求める女性(2017年3月14日撮影)。(c) Joe Raedle/Getty Images/AFP

写真拡大

【AFP=時事】世界経済フォーラム(WEF)は18日公表した年次報告書で、世界各国の職場で男女の平等が実現するには200年以上かかるとの見通しを示した。男性と平等な待遇や賃金を求める女性の声はかつてなく高まっているものの、格差解消は遅々として進んでいない現状が浮き彫りになった。

 WEFの報告書「グローバル・ジェンダー・ギャップ・リポート(Global Gender Gap Report)」では、149か国を対象に男女格差を教育、保健・医療、経済機会、政治参加の4分野で追跡調査している。

 過去10年で初めて男女格差が開いた昨年に比べると、今年は男女の賃金格差には若干改善がみられた。ただ、この改善も、女性の政治への進出が後退したことや、保健・医療と教育へのアクセスで格差が拡大したことで相殺される形になっている。

 WEFは、現在のペースでいけば全体の格差解消にはあと108年かかり、職場に限ればあと202年かかると試算している。

【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網