戻る


レイプによる妊娠で早産、殺人罪に問われた女性が無罪に エルサルバドル

エルサルバドル南東部ウスルタンで、無罪を言い渡されて釈放され、親族と抱き合うイメルダ・コルテスさん(中央、2018年12月17日撮影)。(c)MARVIN RECINOS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】中米エルサルバドルの裁判所は17日、レイプで妊娠し、早産で生まれた女児に対する殺人罪で起訴された20歳女性に対し、無罪を言い渡した。女性はトイレで出産し、女児は浄化槽内で発見され無事だったものの、検察当局は女性を殺人罪で起訴していた。

 イメルダ・コルテス(Imelda Cortez)さん(20)は義父から7年にわたって性的暴行を受けていたとみられ、2017年4月、大量に出血したことから病院に行ったところ妊娠が発覚した。

 コルテスさんがトイレで体内から何かが出てきたようだと語ったことから、警察官らはコルテスさん宅の浄化槽を捜査。泣いている赤ん坊が発見、病院に搬送され無事だった。

 コルテスさんの弁護士はツイッター(Twitter)で、南東ウスルタン(Usulutan)の裁判所が無罪判決を言い渡したと投稿。コルテスさんは今回の判決まで1年半以上収監されていた。エルサルバドルでは中絶に対して最高で禁錮40年が科され、流産でさえも違法とされており、女性人権団体などは画期的な判決と評価している。

 エルサルバドルは世界で最も厳しい中絶禁止法を持つ国の一つとされ、レイプによる妊娠や母体に生命の危険がある場合にも中絶を認めていない。

【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網