戻る


“扇風機おばさん”が死去…整形の副作用で苦しむ姿が日本でも話題に

“扇風機おばさん”が死去…整形の副作用で苦しむ姿が日本でも話題に

写真拡大 (全2枚)

不法な整形手術の副作用で“扇風機おばさん”と呼ばれたハン・ヘギョン氏が、この世を去った事実が知らされた。

ハン・ヘギョン氏は去る12月15日、享年57歳で死去した。彼女の家族は病院で静かに葬儀を行い、17日に出棺を終えた。

“扇風機おばさん”ハン・ヘギョン氏は去る2004年、SBSの『瞬間捕捉 世の中にこんなことが』の「失われた顔」編で紹介された。当時ハン・ヘギョン氏は、自らの顔に大豆油、パラフィンなどを注入するなどの整形中毒の副作用に苦しんでいた。

【関連記事】「韓国から追放しろ!!」“整形発言”のカン・ハンナに本国から非難が殺到

生活が不可能なほどの痛みを訴えていたハン・ヘギョン氏の姿に視聴者は、多くの声援を送った。ハン・ヘギョン氏は顔の中の異物を抜き出す手術を数回経て、少しずつ好転していた。

2008年、ハン・ヘギョン氏は『世の中にこんなことが』500回特集で、「未だに顔を見ると、整形したい気持ちがあるが、気を引き締めている」とリハビリに励んでいることを伝えた。

(写真提供=KBS1)“扇風機おばさん”ハン・ヘギョン氏

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網