戻る


「焼き肉食べ放題」なのに肉厚ジューシーで高級店レベル。革命的食べ放題が続々

全て食べ放題メニューに含まれている

写真拡大

 かつては「お金がない学生が行くところ」「家族向け」というイメージだった食べ放題チェーン。しかし、最近は学生だけでなく、大人も十分に満足できる店やサービスが増え続けているのだ。ゆったりとした空間で上質の肉を好きなだけ食べる、そんな贅沢も叶えてくれるのが、ここ数年で増え続けている「進化系」バイキング。合コンや忘年会にも使えるぞ!

◆高級焼き肉店顔負けの超分厚い肉が3080円〜食べ放題!
●焼き肉食べ放題『焼き肉ダイニング ワンカルビ』

 関西・九州で圧倒的人気を誇り、今年とうとう関東進出。その店舗でもすでに2〜3時間待ちは当たり前につき、利用の際はネット予約が必須。極厚ステーキなどが含まれるメインの3580円コースでは95品が食べ放題だ。

《利用方法3ステップ》
1.混むのでネットか電話予約を
2.コースを決める
3.まずはワンカルビをオーダー!

 焼き肉食べ放題で、主役の肉の“薄さ”に嘆息した経験をお持ちの方は多いだろう。しかし、そこは「進化系」。「ワンカルビ」では、驚くほど厚切りでジューシーな肉と、高級店もかくや、というサービスが堪能できるのである。

 食べ放題グルメに詳しいフードアクティビストの松浦達也氏も、「焼き肉食べ放題の概念を変えた」と同店を絶賛する一人。

「とにかく、高級焼き肉店並みの丁寧な仕込みに感心します。本来、ブランド和牛などではない食べ放題向きの安価な肉こそ、おいしく食べるには肉の筋を取り除いたりする下処理が必要なのですが、多くの食べ放題店ではそこまで手が回らず、冷凍の肉を機械でスライスして提供しています。その点、ワンカルビは手仕事で切り込みを入れるなどの下ごしらえがきちんとされていて、分厚い肉でも軟らかい食感が楽しめます」

 運営会社「ワン・ダイニング」の広報担当者も語る。

「ミリ単位の包丁の入れ方の違いで味や口当たりがまったく変わります。加えて当店では、本当においしく食べていただくために、すべてのお肉は店内でチルド(冷蔵)のブロック肉をカットして提供しています。ですので、全店舗のカットの技術者育成のため、ベテラン技術者による入念な研修や技術検定試験を行っています」

 カット技術の習得に時間がかかりすぎることが、業績絶好調ながらもチェーン展開が緩やかな理由のひとつというからすごい! 豊富なサイドメニュー(締め、デザート含む)も素晴らしい。

「3か月ごとに新たなメニューを既存のものと入れ替えて提供しています。女性のお客さまに喜んでいただけるようサラダやスイーツにも特に力を入れているので女子会でご利用されるお客さまも多いですね」(広報担当者)

 確かにほとんどの料理が実に“インスタ映え”な趣だ。

「2時間飲み放題が980円という低価格で、下戸の人にはソフトドリンク飲み放題が390円。グループ利用の場合でも、まとめてのオーダーではなくアルコール、ソフトドリンクそれぞれ個別で飲み放題が選択できるのもうれしいですね」(松浦氏)

 なお、生ビールは驚きのプレミアムモルツだ! こちらも、もちろん飲み放題に含まれる。

 サービス面で最大の特徴は「テーブルオーダー」。人件費の高騰や、提供スピード、サービスレベルの向上と、食べ放題にはそぐわない非効率さが求められるが……。

「私たちがお食事とともに提供したいのは、『2時間の幸せ』という価値。セルフバイキングにしないことで、その間の団欒やコミュニケーションも楽しんでいただきたいと考えています」(広報担当者)

 激安チェーン店に比べれば、3000円台の料金設定は安いとは言えない。だが、それを上回る至福の2時間が体験できるのだ。

《ワンカルビのここを攻略せよ!》
同店の神髄とも言うべき極上肉が、「ワンカルビ」「上ハラミステーキ」「厚切り上ロースステーキ」の分厚すぎる3品。これを味わわずして家路につくことなかれ! 軽く炙って生卵につける「焼きすき」も美味だぞ!

●PRICE
テーブルオーダー制バイキングは2時間48品食べ放題で3080円、95品食べ放題で3580円。また、48品の場合50代は2770円、60代は2460円と年代別の価格が用意されている。

●完食ポイント
胃に余力があるうちに分厚い肉を!

取材・文/週刊SPA!編集部
※週刊SPA!12月18日発売号「[食べ放題チェーン]完食ガイド」特集より

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網