戻る


君のコトしか考えられない…♡彼が夢中になる「彼女の神対応」4つ

君のコトしか考えられない…♡彼が夢中になる「彼女の神対応」4つ

写真拡大

彼にたくさんの愛情を注いでもらうためにも、彼にはいつも神対応を。
彼が求めている対応を先回りしてやってあげるのです。
神対応を心掛け、彼をいっぱい幸せな気持ちにしてあげましょう。

(1)意見を求められたらアドバイスを


『悩んでいる時に彼女から良いアドバイスをもらった時は嬉しかったな』(31歳/商社)

男性はプライドが高いですよね。
普通は愚痴やその時抱えている悩みを話したりはしません。
あなたは彼にとって居心地の良い存在で、話しやすいのでしょう。

だからといって容易にアドバイスをしてはいけません。
どんなアドバイスをしたとしても、彼にとってはただのおせっかい。
彼の悩みの深さは彼にしかわかりません。

「俺のおかれている状況が何もわからないくせに偉そうに助言しやがって」
そう思われたら、悩んでいることすら話してくれなくなります。
彼はただ話を聞いて共感してほしいだけ。

「〇〇はどう思う?」と聞いてきたときにアドバイスをしてください。
この質問が来たときは、彼に信頼されている、彼に認められているということ。
誠心誠意、彼の立場に立ちながらあなたの意見を話してあげてくださいね。

(2)お互いの意見を尊重する


『お互いの考え方が違うことを前提に話し合いをするから喧嘩になったことはないですね』(26歳/インテリア)

喧嘩に発展する一番の要因は、お互いに自分の意見を通しすぎること。
人は意見が違って当然、折り合いをつけたり尊重したりして成長していくものです。

「あなたの言っていることもわかるのよ」
このように自分の意見を伝えたいときはフォローを交えながら伝える。
そうすれば波風が立たず、平和に会話を続けることができます。

頭ごなしに「それは違う!」と否定されると男性のプライドはズタズタに。
彼のプライドを守りつつ、自分の意見も伝えられる女性でいてください。
する必要のない喧嘩は、あなたのフォロー力で避けていきましょう。

(3)彼の大切な人の前では彼の面子を保つ


『人前では僕を立ててくれるような女性が理想』(28歳/証券会社)

彼に不満があったり、喧嘩の最中だったり、彼をよく知る人にこそ話したくなりますよね。
「聞いてくださいよー彼がね」なんてアホな女になってはいけません。
どんなにお互い不機嫌な状態であっても、自分をつくらなければいけない時です。

家族や会社の仲間・上司といった彼の大切かつ重要な人の前では彼を立てましょう。
たとえ相手が彼のことを悪く言ってきたとしても、あなたは同調してはいけません。
笑ってごまかすとか、うまく会話で逃げるとか、場合によっては「そんなことないですよ」というべきでしょう。

「相手が悪く言ったから自分も言った。どこが悪いの?」と思うかもしれませんね。
しかしあまり相手がどう言ったかは関係ありません。
相手に彼やあなた自身の悪いイメージをもたせた、自分たちのポイントを下げた、ということが問題なのです。

(4)すぐに怒らず冷静になる


『謝ってるのに感情的に言われたらそのあとは喧嘩になるしかないよね』(25歳/不動産)

付き合っているとデートをドタキャンされることがありますよね。
楽しみであればあるほど、ドタキャンされたときの精神的ダメージは大きいです。
前々から計画していた旅行のドタキャンだとしたらとてもショックです。

もうお金も払っているし、旅行に向けて服や鞄買ったのに……。
旅行の日が近ければ、もうお金は返ってこないかもしれませんよね。
そんな時に冷静になれなんて……私はひどいことを言っています。

でも彼は謝ってくれたはず!おそらく何度も。
あなたがそれだけ悲しいということは、彼はそれ以上に悲しい気持ちや申し訳ない気持ちになっています。

どうすることもできない急用や仕事が入ったのでしょう。
「残念だけど仕方ないよね。分かった」
悲しいという気持ちは声色でも十分伝わります。

少しだけ感情をぶつけたあとは、しっかり謝ってくれたならもう許してあげましょう。
気負いせず、また旅行の埋め合わせをしてもらうためにも。

----------

彼と順風満帆に仲良くやっていくには、彼のプライドを守る「神対応」能力が必須!
その魅力にとりつかれた彼はあなたにどんどん夢中になっていくことでしょう。
さまざまな場面に対応し、彼や彼の周囲に賢いふるまいをしていってくださいね。

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網