戻る


PayPay、『クレカ不正利用』で対策 セキュリティーコード入力に上限

PayPay、『クレカ不正利用』で対策 セキュリティーコード入力に上限
スマホ決済「PayPay」でクレジットカードの不正利用が報告されている問題で、PayPay側が対策を発表しました。

PayPayを巡っては、100億円キャンペーンで世間が熱狂した一方、『利用した覚えのないPayPayからの請求がクレジットカードに来た』という報告があり、PayPay側も注意喚起していました。

この件について広報担当者は、『あくまでPayPayから情報が流出したのではなく、弊社と無関係のサービスから流出したカード情報が不正に使われている』とコメント。また、クレジットカード番号の自動生成ツールが使われた可能性については『可能性はあるが、我々からは断言はできない』と説明しました。

きょう以降対策を実施、セキュリティコード入力に上限


なお対策として、これまで無制限となっていた、クレジットカード登録時における"セキュリティコードの入力ミス"に回数制限を設けるとのこと。時期は『できれば本日(12月17日)から行いたい』と述べ、早急に対応することを強調しました。

また補償に関しては『現時点ではクレジットカード会社が不正かどうかを判断し、補償を行う』と説明。不正を発見した場合には『速やかにカード会社へご連絡ください』とコメントしました。

「PayPay」の関連記事:
スマホ決済「PayPay」サービス開始 ヤフーアプリでも利用可
還元率20%の衝撃──スマホ決済のPayPay、100億円バラマキでキャッシュレス市場に攻勢
LINE Pay、20%還元のPayPayに対抗せず 「我々が戦っているのは現金、一緒に盛り上げよう」
PayPayキャンペーン本日終了? 怪文書出回る。PayPayは「公表したものではない」と否定
PayPay「100億円狂騒曲」ついに終幕、キャンペーンは13日限り
PayPay、100億円祭りは「孫さんを中心に決めた」──ヤフー執行役員が明かす
PayPayアカウントは削除できない

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網