戻る


紅白復活! 「いきものがかり」の歌詞にはなぜ「主語」が少ないのか

 昨年1月に「放牧」を宣言して活動を休止していたいきものがかりが、去る11月3日、グループの19回目の結成記念日に「集牧」し、活動を再開した。集牧後初のステージは、この大晦日に2年ぶりに出場するNHK『紅白歌合戦』となる。そのいきものがかりのリーダーである水野良樹は、きょう12月17日が誕生日で、36歳を迎えた。

【写真】東京ドームで始球式をする吉岡聖恵

デビュー10周年を過ぎて「放牧」した理由


いきものがかりのメインソングライター水野良樹(左)は1982年12月17日生まれ

 水野は神奈川県立厚木高校時代、小学校からの同級生である山下穂尊(ほたか)と一緒に路上ライブを始めた。いきものがかりはそのとき命名したもので、2人が小学生のころ、クラスで飼っていた金魚に餌をやる「生き物係り」だったことに由来する。しばらくすると、路上ライブに彼らの同級生の妹の吉岡聖恵(きよえ)が加わり、3人組として活動をスタートさせた。

 いきものがかりはその後、路上ライブやライブハウスでの活動を経て、2006年3月、シングル「SAKURA」でメジャーデビュー。以来、「帰りたくなったよ」(2008年)、「ありがとう」(2010年)、「風が吹いている」(2012年)など数々のヒット曲を生み出してきた。「放牧」はデビュー10周年をすぎたのを機に、《それぞれの未来を、もっと広げるために。3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるために》メンバーそれぞれが一度、自由になってみようということで宣言された。

「『放牧』前と後で曲作りへの考え方が変わった」

 水野は放牧期間中、ほかのアーティストに提供するため楽曲を70〜80曲書いたという(※1)。それと並行して、NHK・Eテレの番組で作詞家・阿久悠の軌跡を関係者などと対話しながらたどったり、広告・クリエイティブの専門誌『ブレーン』で各分野のスタンダード商品の開発者にインタビューしたりと、ほかのクリエイターから話を聞く機会も多かった。阿久悠に関しては、阿久が遺した未発表詞に水野が曲をつけ、当時アイドルグループのNMB48に所属していた山本彩に提供もしている。

 水野はこれらの仕事を通じ、つくり手としての自らの考え方や手法を見直すことにもなったようだ。たとえば、放牧前のある鼎談では《音楽って本来は自分自身の中にあるものを表現するものだと思っていた》、《でも続けるうちに、「自分のことを言わないほうがいい。聞いてくれる人がどう思うかを大切にする」という方向に自然に変わっていきました》と語っていたのが(※2)、放牧期間中の糸井重里との対談では、さらに以下のように考え方が変わってきたことを明かしている。

《じつはぼくはしばらく、「多くの人たちに届く歌を作るには、自分の存在が、歌から完全に消えたほうがいいのかもしれない」とか思っていたんです。でもこのごろ、違うんじゃないかと思いはじめていて。(中略)聞いてくれる人たちとつながるためには「自分」がゼロではダメだというか。そうしないと、コミュニケーションが成立しないんですよ》(※3)

阿久悠さんの歌詞は「みんなのものになった」

 ただし、一方で水野は、作家の名が前面に出ると「みんなのものになれない」ので、ある種の匿名性も大事だと思うと話している。阿久悠の歌詞もまさに匿名性があったからこそ、《「阿久悠さん」という作詞家の手を離れて、みんなのものになったものがとても多い気がする》と分析する(※3)。

 こうした発言を総合するに、水野がめざすのは、適度に「自分」を出して人々とコミュニケーションを成立させながら、一方で匿名性をもって多くの人に共有される作品……とでもなるだろうか。それはスタンダードたる条件といえるが、現代はスタンダードが生まれにくい時代でもある。これについて彼は、別の対談でこんなふうに語っている。

《1万人の方がCDを買ってくれたとして、そこからどんどん派生して、買っていない人も自然に聴いているということは起こりづらくなっているように思います。「あなたはそれが好きなのね」で終わって、コミュニティ同士の横断がない。そこがすごく嫌だなとは思っているんです。いきものがかりというグループを長年やらせていただいていて、なぜ具体性がなく、主語が明確じゃない歌をつくるのかと言えば、どんな価値観の人でも、どんなコミュニティにいる人でも、年齢に関係なく、そこはつながるだろうという隙間があるのではないかと思っているからです》(※4)

「上を向いて歩こう」みたいな曲を作りたい

 言われてみると、いきものがかりの曲にはたしかに主語があまり出てこない。NHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』の主題歌にもなった前出の「ありがとう」では、「あなた」は出てくるが、具体的に誰がどんな人に向かって「ありがとう」と伝えようとしているのかはわからない。だからこそ、聞き手がさまざまな人間関係に置き換えて感情移入することができる。なお、水野は同じ対談で、自分が参考にしている歌の成功事例として坂本九の「上を向いて歩こう」(1961年)をあげている。

《「上を向いて歩こう」というメッセージは普遍的なものになっていて、その言葉を聞いた人はみんな「前向き」なイメージを持つと思うんです。それぐらい、世の中に影響を与えている。「こういう音楽だ」とカテゴライズされておらず、「上を向いて歩こう」は「上を向いて歩こう」でしかありえない。そして、メッセージが広く伝わり、みなが意識しないぐらい一般化されている、僕もああいう曲をつくりたいと思っているんです》(※4)

 いきものがかりには、インディーズ時代にライブハウスに出演していたころ、未知の観客にファンになってもらうため、必ずやっていたことがある。それは、メンバー紹介やその日に演奏する全曲の歌詞を書いたパンフレットを配布することだ(※5)。ちょっとした工夫だが、そんなふうにファンとコミュニケーションをとるすべを初期から模索してきたからこそ、その後の彼らがあったのだろう。水野にとって放牧は、プロデュース力にさらに磨きをかける期間でもあったといえる。集牧したいきものがかりが、彼のリードのもと、どんな新時代のスタンダードたる作品をつくっていくのか、いまから楽しみだ。

※1 『Number』2018年12月20日号
※2 『ブレーン』2016年10月号
※3 水野良樹・糸井重里「阿久悠さんのこと。」第3回(「ほぼ日刊イトイ新聞」2017年10月18日)
※4 『ブレーン』2017年11月号
※5 水野良樹『いきものがたり』(小学館)、『ブレーン』2018年2月号

(近藤 正高)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網