戻る


大人になった張本智和、15歳の振る舞いを海外称賛 「感情に任せず、礼儀正しかった」

張本智和【写真:Getty Images】

写真拡大

最年少優勝を成し遂げた張本をITTFが公式サイトで称賛

 卓球ワールドツアーグランドファイナル(韓国・仁川)は16日、男子シングルス決勝を行い、世界ランク5位の張本智和(エリートアカデミー)が同4位の林高遠(中国)に4-1で勝利し、史上最年少の15歳172日での優勝を成し遂げた。4試合で1ゲームしか落とさずに快挙を達成した張本を国際卓球連盟(ITTF)も「驚愕の勢い」と称賛している。

 男女含めてシングルスでの最年少で頂点まで駆け上がった張本。ITTFも公式サイトで試合をレポート。「驚愕の勢いを保ち、張本智和が仁川で勝利」と題して、圧倒的な強さを称えている。

「優勝したトモカズ・ハリモトの年齢は今年のスポーツの業績でも注目すべきものの一つだが、彼の勝利と成功の過程にいっそうショッキングな事実が加わる:彼は3ゲームしか落とさなかったのだ!」

 張本が1回戦からの4試合でわずか3ゲームしか落としていないことに驚愕を伝えている。

 その一方で、勢いだけでなく相手のストロングポイントを消す戦いぶりにも注目。「彼は勢いづいていたが、宿題も完璧にこなしていた。決勝の1ゲーム目にトモカズ・ハリモトは、リン・コウエンに電光のフォアハンドを打たせる機会を一度も与えなかった。相手の体に向けて強いトップスピンを送り、勝利の方程式を証明した」とし、林の得意のフォアハンドを封じた張本の戦いぶりに注目していた。

“大人になった”張本の振る舞いにも称賛

 また記事では、張本の振る舞いにも拍手を送っている。

「私はハリモトの立ち居振る舞いを大いに褒めたたえたい。彼は最後の点が入り勝利しても感情に任せ床に転がったりせず、礼儀正しくリン・コウエンと握手し、たびたび私が指摘していた手をたたくこともせずにアリーナを後にしたのだ」

 これまでは度々、勝利の直後にコートに寝転がるなど、感情を爆発させることに苦言を呈していた、記事の執筆者だが、この日は大人になった張本の礼儀正しい態度も称えていた。

 心身に成長を遂げている15歳に、海外からも熱い視線が送られていた。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網