戻る


妊娠を発表した蒼井そらのブログに反響「AV女優の親だと不幸なのか」

 女優でタレントの蒼井そらが11日、第一子を妊娠したことを発表。そのブログの内容が反響を読んでいる。

 2002年にグラビア、AV女優としてデビューした蒼井は、『おねだり!!マスカット』(テレビ東京系)など多数のテレビ番組に出演。日本だけでなく中国でも絶大な人気を誇り、今年1月にDJ NONとの結婚を発表していた。

 「AV女優が子供を作るなんて。子どもがかわいそう。結婚発表をした時、そんな言葉を目にしました」

 ブログの冒頭でこう綴った蒼井。そこで「AV女優の親だと不幸なのか。AV女優の親じゃなければ幸せなのか」を考えたといい、次のように続けている。

 「子どもが将来【絶対】にいじめにあう。そういう確率は高いと【思う】。絶対とか、考えれば分かるみたいな話ってあなたの価値観だよねって」

 「『私は風俗嬢の母親だったから分かりますが、私は不幸でした。だから子どもなんて産まないで下さい』みたいなことを昔、ブログかなんかのコメントかメールで言われたことがあるのね。でもそれは、あなたの環境であって私の子どもの環境では無いよね。って思うの」

 そして、「私の意見を尊重してくれた。私の母みたいな母になりたい」と締めくくった。

 社会学者で東京工業大学准教授の西田亮介氏は、批判する周りの声こそが子どもを不幸にしていると指摘し「いろいろ思うかもしれないが、人それぞれの選択の問題なので、それを尊重して、ほっとけばいい話。余計なお世話だ」とコメント。自身も2児の母であるテレビ朝日の大木優紀アナウンサーは「妊娠している段階でこれだけはっきりとした意思表示をしていて、すでにお子さんを守っている母親という強さを感じた」と述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎ “パニック障害”で突発的に過呼吸に、中川家・剛が苦悩を語る

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網