戻る


ファンタジー小説の巨編「十二国記」新作は戴国を舞台にした物語で2019年刊行



12月12日の「十二国記の日」に合わせるように、小野不由美による一大ファンタジー小説「十二国記」の新作の第一稿が上がったことが、新潮社から発表されました。「2019年に刊行されることは間違いありません」とのことです。

小野不由美「十二国記」新潮社公式サイト|新潮社

https://www.shinchosha.co.jp/12kokuki/







「十二国記」は、1991年に刊行された「魔性の子」をきっかけに生まれたファンタジー小説シリーズ。2002年から2003年にかけてはテレビアニメ化もされていて、これまでに11巻(新潮文庫・完全版)が刊行されています。

新刊は2013年の「華胥の幽夢(かしょのゆめ)」以来のもの。物語の舞台は戴国で、発売日は未定ながら、原稿直し・イラスト準備などを経て、2019年刊行は「間違いない」とのこと。

作者である小野不由美さんは2012年の「ダ・ヴィンチ」にて、本編はあと長編1つを残すのみと予定を語っていましたが、この「400字詰め原稿約2500枚の大巨編」が最終長編となるのでしょうか……。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網