戻る


もう…今日は帰ろうか…。彼に「絶対言ってはいけないセリフ」とは?

もう…今日は帰ろうか…。彼に「絶対言ってはいけないセリフ」とは?

写真拡大

今回は、男性が心の底から激萎えする女性のセリフをピックアップ!

あなたのたった一言で彼との良好な関係が崩れたら、悔やんでも悔やみきれませんよね。
そんなトラブルを回避するためにも、男性が嫌う4つのセリフをこの記事でしっかりチェックしておきましょう。

(1)頼りがいがない


『こんなこと言われたら自信なくすかも……』(33歳/人事)

男性は、女性に頼られることをステータスと考える人が多くいます。
そのため、頼りないと言われると絶望の淵に立たされる思いになるのです。
もし、「突発的に言ってしまった」と悔やんでも男性の心には大きな傷跡を残すことでしょう。

男性が繊細なタイプであれば尚更。
頼りがいがないと頭から否定するのはやめて、彼が自信を持てることを一緒に探してあげるのも1つの手かもしれませんね。

(2)前の彼とはこんなことなかったのに


『デリカシーがなさすぎるでしょ』(27歳/美容師)

元カレの方が今の彼より勝っている部分があると、どうしても比較したくなってしまいますよね。
しかし、それを口にするのはNG。

男性は比較されることを極端に嫌うので、あなたの好感度はガクッと下がってしまします。
ましてや、以前付き合っていた男性と比べられるなんて面白いはずがありません。

もし、元カレの方が長けている部分があったとしても、口にすることは控えて心の中だけに留めておきましょう。

(3)つまらない


『ショックだわ!!』(24歳/サービス)

つまらないと言われて嬉しいと感じる人はまずいません。
たった一言ですが、つまらないという言葉は「人格までもを否定された」と感じてしまう人も。

心を許しているはずの恋人にそんなことを言われたら、ショックはとてつもなく大きいでしょう。

もし、彼と一緒にいてつまらないと感じる場合は、新しいデートスポットを開拓したり趣味をシェアし合ったりすると活路を見いだすことができるかもしれませんよ。

(4)器が小さい


『男として言われたら恥ずかしいセリフだな』(35歳/編集)

器の大きさを気にする男性はとても多くいます。
そのため、器が小さいというセリフは、自信の喪失にも繋がりかねないのです。

もちろん、誰かのせいにしたりすぐに感情をあらわにしたりする器の小さい言動はとても褒められたものではありません。

そんな時は、「こういった考え方もあるんじゃない?」と優しくリードしてあげて。
男性が気づきえなかった答えを導き出してあげると、意外にも素直に受け止めることができて良好な関係を築くことができるかもしれません。

----------

本心ではなくてもついつい口走ってしまうことってありますよね。

しかし、良好な関係にヒビが入ってしまうと修復するには時間がかかってしまいます。
一言告げる前に「これを言ったら相手はどう思うか」という予想を立てて、最悪の事態を回避しましょう。

(恋愛jp編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網