戻る


ヤヤ・トゥーレ、出場わずか5試合でオリンピアコス退団

ギリシャスーパーリーグ(1部)のオリンピアコスを退団することが決まったヤヤ・トゥーレ(右、2018年11月8日撮影)。(c)Aris Messinis / AFP

写真拡大

【AFP=時事】昨季限りでイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ(Manchester City)を退団したヤヤ・トゥーレ(Yaya Toure)が、ギリシャスーパーリーグ(1部)のオリンピアコス(Olympiakos)を早くも離れることが決まった。クラブが11日に発表した。

 スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)やシティでもプレーした35歳のトゥーレは、2005-06シーズンにも所属し、欧州で名前を売るきっかけとなったオリンピアコスに3か月前に加入したが、今回は出場わずか5試合、先発では3試合に起用されただけでチームを去ることになった。

 クラブは「ファンのみなさんにお知らせする。オリンピアコスとヤヤ・トゥーレは、双方合意の上で協力関係を終わらせる」「ヤヤは友人として去り、彼のためであればクラブの扉は常に開いている」と発表した。

 トゥーレは2009年にバルセロナで欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League)のタイトルを獲得し、シティでは主力の一人として3回のプレミアリーグ優勝に貢献していたが、この夏に契約満了となっていた。

 コートジボワール代表では、100試合以上に出場して19ゴールを挙げている。

【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網